天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

農法について

うちの農業についてお知らせします。

1999年に脱サラして、東京から、主人の地元の中津川市加子母(かしも)に戻り、素人有機農業を始めました。有機農業の期間は、除草剤不使用、農薬不使用、肥料は牛糞をEM処理して、たまに使用していました。

3年間の準備期間を終えて、2002年から13年間岐阜県の有機認定を取得していましたが、2014年12月で有機認定継続を止めました。

除草剤、農薬、化学肥料を使った事はなく、2013年頃から牛糞有機肥料を完全に止めて、葉物などに灰や米ぬかを使用する程度です。肥料というより、草抑えになります。米、麦、大豆は無肥料です。

畑、田んぼともトラクターで耕起しています。耕さずに、そのまま次の野菜を植える事はよくありますが、完全な不耕起栽培ではありません。

種については、米、麦、大豆、黒豆は全滅した場合を除き、自家種です。実がそのまま種です。(笑)
後は人参はほぼ自家種で、実野菜のかぼちゃ、さやえんどう、そら豆などは種を取ります。他の実野菜と葉物野菜は、ほとんどが普通に購入している種です。なるべく無農薬の種を選びますが、全てではありません。

夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤなどは地元の苗屋さんから買う事があります。春先はとても寒くて、苗がうまく育たない事が多くて、2014年くらいから購入を始めました。この苗は薬を使っているものも、使っていないものもあります。
玉ねぎとサツマイモの苗作りは難しく、ほとんど苗を購入しています。地元の苗屋さんから購入します。

以前は主人が全て苗を作っていましたが、穀物(米、麦、豆)に力を入れ始めて、苗の全てを作るのが難しくなって来ました。と言っても年間100種類以上の野菜を作っているので、まだ多くの苗を主人が作っています。今後は、私が夏野菜の苗にもチャレンジして行きたいです。

岐阜県中津川市加子母
合同会社 なかよし家族
丹羽泰子

雪の中の人参



産直で桜を見つけて
春を身近に置けるような喜び🌸



1週間に1回くらい、
雪の中から人参を掘っています。
主人が手伝ってくれるので本当に嬉しい😊



手を出すのがとてもとても冷たくて
まともな写真が撮れない。
この日は氷の層が15センチほどあり
その中に完全に凍りついている人参を
取り出すのが一苦労でした。

その15センチの厚みの土をひっくり返すと
人参🥕が逆さまに。
これを見るたびに(毎年言ってるけど)
犬神家の一族を思い出すのです。(๑˃̵ᴗ˂̵)
あはは、知らない人はなんのことやら。

30分くらいで作業終わり。
多分氷点下5度くらいなんだけど
手袋も普通の手袋に防寒用を重ねているけど
これ以上だと、手が辛い。



一緒に植えてあるのはニンニクです。
雪を退ける時に一緒に抜けたりするけど
また戻していたら、多分生え付きます。
ニンニクは寒さに強い。



そして氷の塊の人参を一晩玄関に置いて
溶かしてから葉っぱを切ったり
ヒゲを取ったりします。
この時期の人参はすぐに頭から葉っぱを出すので
頭の部分もえぐりとります。
痛みは出てきてるけどまだ大丈夫。
凍っているのに生きてる、、

これで今週分の宅配の人参確保。
生鮮のものが少ない時期に有り難い。

春、来てる?

一昨日は晴れて暖かくて
もう春が来た❣️って思って、
近所の中島信子さんが企画した
ひだまりフェスタへ主人とデート‼️



若いお母さん達が集まって
こんな素敵なイベントやるとは素晴らしい‼️
私も次回は是非仲間に入れてもらいます❣️

ハーブサロン 菜の香の
中島信子さんのよもぎ蒸しは以前体験して、
心も身体もポカポカになって
とても幸せな気分になれました💐

ヒーリングサロン あなはた の
丹羽まきちゃんはアクセスバーズや
オイルマッサージなど、オールマイティに
身体と心を癒すことができます。
私は以前アクセスバーズと、
フェイシャルマッサージを2度受けました❣️

こちらもまた、自分を大事にしてる気分で
自己肯定感が高まりました🌹

近所にこんな癒しのスペースがあるなんて
幸せです。

今回のフェスタではクレイの足湯体験。
中津川市の田瀬の自宅でサロンをしている
原麻衣子さんのブースでお試し体験。
クレイは身体だけでなく、
脳、心にも効果があるとの説明に驚きました。

主人は右脳活性にパステルアートに挑戦。
どうなる事かと思ったけれど
最後にはこんな素敵なアートになりました。



なぁんて気分でいたら、また雪☃️



主人とホイルローダーが出動。



人力ではちょっと無理。
私はホイルローダーに乗って屋根の雪落とし。



ミクちゃんは腰までコタツ❣️笑



まだ寒いですが冬はいろんなものが結晶化する、
というのが主人の口癖。
心の整理で追い詰められて結構しんどいけど
春は絶対にくるので、もう少し。
乗り越えて行きましょう❗️

2018年 もう進んでる



今朝の我が家。晴れて雪が綺麗です。

随分ブログを書いていませんでした。
きっかけはブログとFBの繋ぎで
トラブルが発生して、自分で解決できずに、
記事を書くのが億劫になったんだけど、
年末から、色々な事が起こり過ぎ、
自分の中で消化できずにいました。
未だに消化はできてなくて、混沌の中にいます。

12月の頭に
楽天ブログでミッチェル通信を書いている
タロットをやる霊能者(と私は思っている)の
保泉ひとみさんが民宿に泊まりに来て
タロットセッションを受けた事で
停滞していた事が動き始めた?

主人もセッションを受けて
アセンション(地球の次元上昇)へ向けて
飛び出せ、と背中を押してもらった。

少しずつ、楽しいと思う事をやって来たけれど
ここまで来てまた停滞。
恐怖、不安に囚われて、動けない。

今までずっと、
頑なに畑の事しか聞いてこなかったけど
実は主人と出会ってからずっと
スピリチュアルに生きている。

私はごく普通にしてるつもりでも、
見えない世界が現実を作っている、と思ってる。
だから、なのか、なぜか出会う人達は、
霊能者とか、
それに近いものを持ったヒーラーさんとか。
その都度助けられてきた、ってわかります。

一時期は霊能者のハヌルさんと仲良くしてもらって
色々と生き方を教えてもらった。

それに、主人もその手の感覚が鋭くて
その人の内面がよくわかるみたい。
まさか、霊能者?だった?イヤイヤ、、



愛読書はこの「自分を愛して」
病気や不調の原因となる、
大元の、心、精神状態からほどいていく。

そして今は
筋骨の問題は天城流湯治法を使い、
内臓の問題は、菅足法で足の裏をほぐしています。
基本、人間は身体ひとつで
不調は解決できる、と思っている。

元、大学病院の看護婦だったのに‼️笑

まだ混沌の中にいるんだけど、
これからは畑の事以外も
勇気を持って発信していこうと思います。
まずは一歩から。

干し柿と、ビワの葉エキス



11日に富山の次男の学校で文化祭があり、
次男の顔見がてら行ってきました。

富山に入り、途中、
いつも賑わっている産直があり、渋柿探しに。
最近は渋柿も高くなり、
大きくて良いやつは1個100円位するので、
宅配に入れる目的の私には、ちょっと手が出ない。

ただでもらう渋柿は小さかったり、
首の枝が取れて、無かったりするので
返って手間がかかる事がわかり
この何年かは、買うことにしています。

その産直で手頃なのを見つけて
あるだけ40個買いました。
もう少し欲しい所だけど仕方ない。
残りはそこらへんで調達しよう。

夜には長男も呼び出して、回転寿司へ🍣
久しぶりに二人の元気な顔を見て
楽しいひと時でした。
帰りは真夜中、眠気との戦い。
途中、みぞれで凍結注意‼️怖かったー。
運転は往復とも主人。ありがとう😊

翌日早速、皮を剥いて、皮はたくあん用に。
(たくあん作るかはわからないけどー笑)
去年買った渋柿吊るす用のグッズを
引っ張り出して、やはり便利〜❣️

さて、ここに干しっぱなしにするのか、、
これからお天気は崩れそうだし、、
主人はやっと稲刈りが終わり、
となりの倉庫で籾摺りしてて
風向きによっては埃だらけになる。
入れたり出したりしてると
首がちぎれて落ちたり、、



という事で、思いついて、私の洗い場の中へ。
ここは外と同じ気温で
開けっ放しにすれば風も通る。
下に皮を干している箱を置けば
首がちぎれて落ちる柿もダメにならない。
これで良いなら、今までで一番簡単にできる‼️

うひひひ、、と嬉しくなったけど
落とし穴は結構あるので様子見ながら、
一番簡単で楽で、
ちゃんと美味しく出来る方法模索中。



今年の大寒に浸けたビワの葉も
葉っぱの色が全部変わったので取り出しました。
都会で喉が痛い風邪が流行ってるみたいなので
宅配のお客さんに入れています。
ビワの葉エキスを濡れマスクにつけると
喉の痛みに効果あるらしいです。

私はビワの葉エキスを水で薄めて
グリセリンを数滴垂らす化粧水を愛用。
安くて、手作りで安心、
調子も良くて、ずっと使っています❣️
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ