天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

春、来てる?

一昨日は晴れて暖かくて
もう春が来た❣️って思って、
近所の中島信子さんが企画した
ひだまりフェスタへ主人とデート‼️



若いお母さん達が集まって
こんな素敵なイベントやるとは素晴らしい‼️
私も次回は是非仲間に入れてもらいます❣️

ハーブサロン 菜の香の
中島信子さんのよもぎ蒸しは以前体験して、
心も身体もポカポカになって
とても幸せな気分になれました💐

ヒーリングサロン あなはた の
丹羽まきちゃんはアクセスバーズや
オイルマッサージなど、オールマイティに
身体と心を癒すことができます。
私は以前アクセスバーズと、
フェイシャルマッサージを2度受けました❣️

こちらもまた、自分を大事にしてる気分で
自己肯定感が高まりました🌹

近所にこんな癒しのスペースがあるなんて
幸せです。

今回のフェスタではクレイの足湯体験。
中津川市の田瀬の自宅でサロンをしている
原麻衣子さんのブースでお試し体験。
クレイは身体だけでなく、
脳、心にも効果があるとの説明に驚きました。

主人は右脳活性にパステルアートに挑戦。
どうなる事かと思ったけれど
最後にはこんな素敵なアートになりました。



なぁんて気分でいたら、また雪☃️



主人とホイルローダーが出動。



人力ではちょっと無理。
私はホイルローダーに乗って屋根の雪落とし。



ミクちゃんは腰までコタツ❣️笑



まだ寒いですが冬はいろんなものが結晶化する、
というのが主人の口癖。
心の整理で追い詰められて結構しんどいけど
春は絶対にくるので、もう少し。
乗り越えて行きましょう❗️

干し柿と、ビワの葉エキス



11日に富山の次男の学校で文化祭があり、
次男の顔見がてら行ってきました。

富山に入り、途中、
いつも賑わっている産直があり、渋柿探しに。
最近は渋柿も高くなり、
大きくて良いやつは1個100円位するので、
宅配に入れる目的の私には、ちょっと手が出ない。

ただでもらう渋柿は小さかったり、
首の枝が取れて、無かったりするので
返って手間がかかる事がわかり
この何年かは、買うことにしています。

その産直で手頃なのを見つけて
あるだけ40個買いました。
もう少し欲しい所だけど仕方ない。
残りはそこらへんで調達しよう。

夜には長男も呼び出して、回転寿司へ🍣
久しぶりに二人の元気な顔を見て
楽しいひと時でした。
帰りは真夜中、眠気との戦い。
途中、みぞれで凍結注意‼️怖かったー。
運転は往復とも主人。ありがとう😊

翌日早速、皮を剥いて、皮はたくあん用に。
(たくあん作るかはわからないけどー笑)
去年買った渋柿吊るす用のグッズを
引っ張り出して、やはり便利〜❣️

さて、ここに干しっぱなしにするのか、、
これからお天気は崩れそうだし、、
主人はやっと稲刈りが終わり、
となりの倉庫で籾摺りしてて
風向きによっては埃だらけになる。
入れたり出したりしてると
首がちぎれて落ちたり、、



という事で、思いついて、私の洗い場の中へ。
ここは外と同じ気温で
開けっ放しにすれば風も通る。
下に皮を干している箱を置けば
首がちぎれて落ちる柿もダメにならない。
これで良いなら、今までで一番簡単にできる‼️

うひひひ、、と嬉しくなったけど
落とし穴は結構あるので様子見ながら、
一番簡単で楽で、
ちゃんと美味しく出来る方法模索中。



今年の大寒に浸けたビワの葉も
葉っぱの色が全部変わったので取り出しました。
都会で喉が痛い風邪が流行ってるみたいなので
宅配のお客さんに入れています。
ビワの葉エキスを濡れマスクにつけると
喉の痛みに効果あるらしいです。

私はビワの葉エキスを水で薄めて
グリセリンを数滴垂らす化粧水を愛用。
安くて、手作りで安心、
調子も良くて、ずっと使っています❣️

つばめ、二期生



軽トラで仕事に行こうとして、、
白いの何?



マイナス思考の私は一瞬、
カラスに食べられたのか⁉️って思ったけど



雛が孵ったんだね。
一回目は無事に巣立ったので、これは2期生。
巣は新しく作ります。

あちこちにフンが落ちて嫌だけど
巣立つまでの間だし、
そんなに掃除してるわけでも無いし。(><)

つばめ達は表の家の方だと
カラスに巣を落とされて食べられるので
最近は奥の倉庫の方に、巣作りするようになった。
親が餌を持ってきてもあまり大きな声で鳴かない。

みんな、生きて行くの大変だけど
知恵を絞って、環境に適応してる。

野菜と木



7月2日のバターナッツルゴサ。
見てない間に育っていました。^_^



これが6月11日に定植した時のルゴサ。
ポットで、手をかけて、気持ちをかけて、、
黄色く老化してた(><)



7月1日の雷雨の後、気になって見てみたら
ポップコーンは風で倒れ気味だったけど
大きく育ってた。
そして、あらあら、ルゴサは別人のように元気に。
1.2度水をやって、3週間放置してたのに。

野菜は、前にも書いたけど
太陽🌞の光、温度、水で育ちます。
たまに鳥の声が聞こえたら良い⁉️

人間の助けは、
風通しが良くなるように
太陽の光が当たるように
ひどい寒さに当たらないように
カラカラで枯れる時には水を足してやるように、
くらいで良いのかもしれない。

私の場合、育って欲しいという純粋な気持ちの他に
自己満足や、儲かりたい、とか
他の不純な気持ちがたくさん(><)
育てることが単純に楽しい時に
野菜はのびのびと、
美味しく育ってくれるのかもしれない。

主人によく、
手をかけすぎてダメにしてる、って言われます。
もっと野菜や土の力を信じろ、と。
ついつい水やりすぎたり、、少しわかってきた。



今年の太陽の光は何がが強い。 木が元気。
野菜は元気でもない。笑



柿の木です。今年は沢山の実がつきそう。
残念な事にこの木は
子供が食べた柿の種から育ったので
甘渋という、どっちともつかない柿の実が生る。



この枯れてしまった木は
昔、主人と子供達が植えたどんぐり。
大きく育っていたんだけど
いつもこの根元に、
抜いた雑草を捨てていたら枯れてしまった。
近所の人に「木の根元に雑草捨てたら枯れる」
と、教えられて、初めて知りました。
肥料分になるので、ダメらしい。

木も何もない方がよく育つんだなー。

九州旅行



昨日までの3日間、北九州へ。
主人の友人?上司?の披露宴に
参加させてもらいました。

これに行くまで頑張った、、
畑の準備に、自分の準備😭

20年以上も、ただ陽に当たりながら
何の予防も対処もせずに
畑仕事しかしてこなかったので
顔も体型もボロボロ、、(と考えた事も無かった)

主人に色々とアドバイスを受けて
行く前3日間、突貫工事パックとか。笑

野菜を買ってくれている、
センスの良いお客様が服を貸してくれ、
靴とバックは30年前のもの。
靴は農家の幅広い足になっててちょいと辛かった。

それでも多くの方にお会いして、
たくさんの話をして、楽しい時間でした❣️


私の実家は北九州で、後の一泊は実家へ。
主人がサラリーマンの時は毎年帰っていたけれど
農業始めて20年間で、片手ほども帰ってない。
今年まで両親の方が岐阜に来てくれてて、
今後はこっちから両親に会いに行こうと思います。

短い時間の中で、弟の嫁と母の実家へ行き、
高校時代や、看護師時代の友人たち2組に会い、
ひらの整形外科クリニックに寄らせてもらい、
バタバタしながら、濃い時間❣️



これは帰りの北九州空港で。
友人たちが送ってくれました。

主人が買ってくれたスカートはかなり無理があり
苦しかった、、今後もう少し何とかします。笑



昨夜遅くに我が家に到着。
あー田舎で何もない。
とてもホッとする、心地良い環境です❣️



先日の長野南部地震は、震源地がすぐお隣で、
ここは震度4と出ていましたが実際は震度5。
民宿の食器棚が心配でしたが、やはり。



これくらいで済んで良かった‼️
余震はまだ起こってるけど軽いです。



二匹の猫たちにお留守番のご褒美の缶詰。
二匹とも怒ってる。(´ω`)
でも、出入り自由にしてて良かった。
行く前にふと、地震でも起きて
閉じ込められたら可愛そう、と思い、
留守中、家の中にネズミや鳥を
持ち込まれても仕方ないと覚悟してたけど
今の所発見無し。良かった〜



主人はすぐに日常業務へ戻ったけど
私は何かと連絡や片付けや
頼まれていた小麦粉ひいたり、、
まだ野菜を見に行けてません。
ジャガイモ畑のイノシシとか、気になるー。

こうやって主人と二人で出かけられる事がわかり、
今まで自分を縛り付けていた物を
外して行こう、と思います。

さて、日常をしっかりとやっていきまーす‼️
お世話になったみなさん、
ありがとうございました〜

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ