天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

農法について

うちの農業についてお知らせします。

1999年に脱サラして、東京から、主人の地元の中津川市加子母(かしも)に戻り、素人有機農業を始めました。有機農業の期間は、除草剤不使用、農薬不使用、肥料は牛糞をEM処理して、たまに使用していました。

3年間の準備期間を終えて、2002年から13年間岐阜県の有機認定を取得していましたが、2014年12月で有機認定継続を止めました。

除草剤、農薬、化学肥料を使った事はなく、2013年頃から牛糞有機肥料を完全に止めて、葉物などに灰や米ぬかを使用する程度です。肥料というより、草抑えになります。米、麦、大豆は無肥料です。

畑、田んぼともトラクターで耕起しています。耕さずに、そのまま次の野菜を植える事はよくありますが、完全な不耕起栽培ではありません。

種については、米、麦、大豆、黒豆は全滅した場合を除き、自家種です。実がそのまま種です。(笑)
後は人参はほぼ自家種で、実野菜のかぼちゃ、さやえんどう、そら豆などは種を取ります。他の実野菜と葉物野菜は、ほとんどが普通に購入している種です。なるべく無農薬の種を選びますが、全てではありません。

夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤなどは地元の苗屋さんから買う事があります。春先はとても寒くて、苗がうまく育たない事が多くて、2014年くらいから購入を始めました。この苗は薬を使っているものも、使っていないものもあります。
玉ねぎとサツマイモの苗作りは難しく、ほとんど苗を購入しています。地元の苗屋さんから購入します。

以前は主人が全て苗を作っていましたが、穀物(米、麦、豆)に力を入れ始めて、苗の全てを作るのが難しくなって来ました。と言っても年間100種類以上の野菜を作っているので、まだ多くの苗を主人が作っています。今後は、私が夏野菜の苗にもチャレンジして行きたいです。

岐阜県中津川市加子母
合同会社 なかよし家族
丹羽泰子

丹波種黒豆きな粉



最初は主人が自分でフライパンで炒って、
ミルで粉にしていたんだけど
専用機械など、当然無くて、
量を作ろうと思うと、まあ、大変だった。

今はご縁のある北九州の老舗の豆屋さんで
昔ながらのガス方式で、炒ってもらっています。



1回15キロ炒ってもらい、
それを業務用ミルで粉にします。
私が作るようになって、ふるいにはかけなくて、
粗めの黒豆きな粉にしています。
半日で粉にして、
翌日、半日で袋詰めする、って感じ。



今回は一部は炒り黒豆にしたし、
宅配用のきな粉も作ったので
あっという間になくなってしまいそう。
次の15キロを炒ってもらうように、発送しました。
他所に頼めるのは、本当にありがたい。
しかも、プロ❗️に。

なんだか最近は、畑の合間に
粉物ばかり(小麦粉、米粉、もち米粉、きな粉)を作っています。

加子母道の駅、加子母産直市、
楽天ショップ「自然農産物 なかよし家族」
でも売っています❣️

さつまいも



6月の上旬に植えたさつまいも🍠
普通なら3ヶ月で出来るけれど
ここは標高の高い寒冷地で
大抵は3ヶ月半〜4ヶ月かかる。

今年は草に埋もれたのもあり、
やっと試し掘りをしたのが
10月上旬で、小さめで、何よりも土がドロドロ。
雨が多くて、粘土みたいに締まってた。

さつまいもは最低気温が10度になったら掘る、
って決めてたんだけど
10月半ばでもまだ10度以上あったし
それでまだ様子見ているうちに
台風が来て、突然5度に@@

あれあれ、と慌てたけど
やたら忙しくて、取りかかれないし、
しょっちゅう、雨が降る。



やっと晴れた26日、
手前にあった里芋や、ヤーコンを掘り、



また翌日から雨と言う予報の、残された27日に
少しでも水分を飛ばそうと朝からマルチを剥いだ。

植えた時には春の風でマルチが飛ばされないように
石や、鉄の支柱をたくさん乗せているので
それを取り除くだけでも一苦労。



マルチを剥がしながら片付けていく。
時間がなくて、さつまいもの蔓は横に避けたまま。
本当は草刈機で粉々にしようか、とか
考えたけど、土に太陽を当てて
何しろ水分をなんとかしたかった。



午後から掘り出して
不作なのもあり、2時間ほどで終わり‼️
去年の半分の量だけど大きさはちょうど良い。
朝は何度か0度近くになったけど
まだ凍ってないし、マルチや蔓で覆われていたので
痛んでもなかった。

土は乾いてなかったけど
陽に当てて少しはマシだったかな。
泥付きのまま、玄関に入れて
泥もろとも乾かしながら
デンプンが糖になるのを待ちます。
10日から2週間くらい。

その後、泥を落として、箱を入れ替えて
家の中にあげる。
早速今日は朝からの雨だし、、良かったー。
玄関には次は里芋が来る予定。

昨日はそれが終わって班の会合で
10人分の飲食を用意しないといけなかったけど
無事に終わり、ホッとしたところ。
今夜は高校時代の友人達が九州から来ます。

何十年ぶりの再会❣️
楽しいお酒を飲みまーす。

カボチャ 来年からは、、



これは7月頭に、家の前のハウスの土手に
直播きしたカボチャ。
台風後に収穫しました。

種は20粒くらいは蒔いたのですが
採れたのは15個くらい?少ない、、
でも、放置していただけ、なのに、ものは立派で
しっかり浮いています❣️
カボチャは浮いているものが熟れているもの。

それに寒くなってきたし日持ちするかも?
5月の種まきだと、暑いさなか、
しかも水が多い時に採れるので
以外と長持ちせずに、
9.10月頃に腐ってしまうものも多い。
来年は6月頃に直播きしてみようかな。

あるいは5月に直播きして、
水を沢山持つ前に逃げ切り、収穫する?
いやー、無理だ。

カレンダー見てて思うのは
6月の上旬に梅雨入りして
7月がめちゃめちゃ暑くてしかも雨が多い。
標高700メートルのここでも
7月の最高気温はほぼ1ヶ月間連日30度から34度。
ありえん、、

そこである程度育った夏野菜が枯れる、
というパターンなのかなー?
マルチや通路の草避けシートで
地面を蒸らした事が一番の原因だけど
毎年気候は違うし、またその時考えよ。

昨日は予報を裏切り、冷たい雨。
宅配出した後は
唯一ある中力粉のきたほなみの製粉を一日。



それと、慌てて収穫したレモングラスを、
乾燥しなくては。
これは結構気が重い仕事です。面倒くさい。笑

でもすごく切れる作業ハサミ✂️を買ったので
切ってみたらサクサクきれる❣️
高くても道具は買うものですね。
それだけで昨日はやるつもりのなかった
レモングラスに取り掛かり
半分は切って、乾燥機に入れました‼️やった‼️



でも全部は出来ず、残り半分は去年と同様に
こうやって干すことに。
実は去年はレモングラスは大量に採れて
こうやって吊るして乾燥していたのですが
そのまま時間が過ぎて、そのうち色が悪くなり
切るのがますます億劫になり
結局ほとんど処分したのです。😭

今まで普通のハサミで切っていたのもあり
指の皮が破れるし、何しろ面倒だった。
それで今年は少なく5.6本だけ植えたんだけど
ものすごく繁り、量は十分。
後は乾燥と切ることと
脱酸素して虫殺してパック詰め。
今年は出来そうです。

今日は良いお天気になりそう❣️
0度に近づいてきましたが、まだ凍ってないです。

怒涛の秋

気がつけば長崎から帰ってきて
しばらく記事なし、でした。
遊びと仕事で忙しい💦

いっぱい気がつく事がありましたー。



きゅうりはもうあまり採れなくなったけど、
寒くなってくると、こう言う下膨れの物が増える。
きっと何か、栄養分?が足りなくなるのかな、と
ずっと漠然とそう思っていました。

でも種取りして見てわかった‼️



切ったやつ、上下、変な風に並べてあるけど
下半分に種が多い。
なるほどね、寒くなって種を増やそうとしてる。



玉ねぎも種になろうとして葉っぱが出てきます。
これを植えておくと、葉っぱが伸びて
来年の春に種ができるので玉ねぎの種は2年越し。
だから種取りはしてなくて
すでに8月の終わりに種をまいて
苗を育てています。

にんにく、じゃがいもも
同じように芽が出てきます。
にんにく、じゃがいももすでに植えている。



知らないうちにカリンもたくさん実がついてる。



8月20日に直播きしたきゅうりは
まだ暑いし、育つかと思ったけど
ここで止まって育たない。



今頃、結構できたスイカは多くなってるけど
切ってみると甘くない。(´-`).。oO

遅れて植えたカボチャはまあまあの出来。
ちょっと少ない。

やはり、暑い時期にちゃんと作るって大事です。



おまけ。

先日、加子母運動会に出ました‼️
みんなカツラかぶって楽しかった〜
運動会のために時々ラジオ体操もしてた。
ラジオ体操は続けていきたいなー。
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ