天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

自然農の米粉、もち米粉

農薬不使用、無肥料の米粉、もち米粉です。
米粉は美味しい米粉パンが焼けます❣️


米粉(岐阜県中津川市加子母産 あきたこまち)
もち米粉(中津川市加子母産 高山もち)



400g ガスバリア袋入り 470円(税込507円)
1キロ 1100円(税込1188)

製粉後はなるべく早く袋詰めしています。
1キロ以上の場合は2週間〜1ヶ月
時間がかかる事があります。
問い合わせてください。

5キロ以上は割引があります。

5キロ 5500-275=5225円(税込5643)
10キロ 11000-1100=9900円(税込10692)
20キロ 22000-4400=17600円(税込19008)
30キロ 33000-9900=23100円(税込24948)

送料は
400g入り2パックまでは
レターパックプラス510円で送れます。

それ以上は沖縄、北海道を除いて
5キロまで700円、
10キロまで1000円です。

10キロ以上欲しい方は問い合わせてください。
沖縄、北海道の方は追加料金がかかります。

2017年10月?から
ヤマト運輸が料金を値上げ予定で、
その後は送料は上がりますのでご了承ください。

支払いは郵便振込か、ゆうちょ通帳間です。
注文の方は問い合わせてください。
直接取りに来る方は
その時に現金で支払ってください。

岐阜県中津川市加子母
合)なかよし家族
丹羽泰子

arigatou⭐️nakayoshikazoku.co.jp
⭐️を@に変えてメールください

メールはいつでも受付けます。
畑にいる時にはすぐに返事ができない時がありますが、2日前後には返事をします。




農法について

うちの農業についてお知らせします。

1999年に脱サラして、東京から、主人の地元の中津川市加子母(かしも)に戻り、素人有機農業を始めました。有機農業の期間は、除草剤不使用、農薬不使用、肥料は牛糞をEM処理して、たまに使用していました。

3年間の準備期間を終えて、2002年から13年間岐阜県の有機認定を取得していましたが、2014年12月で有機認定継続を止めました。

除草剤、農薬、化学肥料を使った事はなく、2013年頃から牛糞有機肥料を完全に止めて、葉物などに灰や米ぬかを使用する程度です。肥料というより、草抑えになります。米、麦、大豆は無肥料です。

畑、田んぼともトラクターで耕起しています。耕さずに、そのまま次の野菜を植える事はよくありますが、完全な不耕起栽培ではありません。

種については、米、麦、大豆、黒豆は全滅した場合を除き、自家種です。実がそのまま種です。(笑)
後は人参はほぼ自家種で、実野菜のかぼちゃ、さやえんどう、そら豆などは種を取ります。他の実野菜と葉物野菜は、ほとんどが普通に購入している種です。なるべく無農薬の種を選びますが、全てではありません。

夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤなどは地元の苗屋さんから買う事があります。春先はとても寒くて、苗がうまく育たない事が多くて、2014年くらいから購入を始めました。この苗は薬を使っているものも、使っていないものもあります。
玉ねぎとサツマイモの苗作りは難しく、ほとんど苗を購入しています。地元の苗屋さんから購入します。

以前は主人が全て苗を作っていましたが、穀物(米、麦、豆)に力を入れ始めて、苗の全てを作るのが難しくなって来ました。と言っても年間100種類以上の野菜を作っているので、まだ多くの苗を主人が作っています。今後は、私が夏野菜の苗にもチャレンジして行きたいです。

岐阜県中津川市加子母
合同会社 なかよし家族
丹羽泰子

農薬不使用、無肥料のお米、もち米の販売

最近、皆さんから美味しいと言ってもらえます❣️
私は他のもち米を食べないのでよくわからないのですが(笑)もち米もすごく美味しいそうです。


28年度産 えみのあき(うるち米)



玄米、白米(5分づき)1キロ800円(税別)
1キロはビニール袋で
2キロからは紙袋に入れます。

気温が15度を超える場合は冷蔵してください。
特に梅雨の時期は虫が発生しやすいので、すぐに食べきれない場合は小分けして冷凍を勧めます。

色彩選別をかけて、虫食いや、もみは取り除いていますが、少し混じる事がありますので、了承してください。

玄米を食べる場合は発芽毒を取り除くために、炒ってから圧力鍋で炊くか、10時間以上浸水してから炊いてください。2.3日水を変えながら浸水させると発芽してきて、炊飯器で普通に炊いても柔らかく炊けます。途中、玄米の発芽時に、泡がブクブクしてきたり、嫌な匂いが出たりしますが大丈夫です。水を変えてください。



3合(約450g)脱酸素剤入り 400円(税別)
常温で長期保存できます。1年は大丈夫ですが、6ヶ月以上経つと味が落ちるかもしれません。
脱酸素をかけていますが発芽します。

少しだけ欲しい方
豆乳ぐるぐるヨーグルトとか、玄米酵母液用にも
使いやすいです。



えみのあき(5分づき)
料金は玄米と同じです。

3合脱酸素剤入りパックもあります。
お米が切れた時のストックに便利です。




28年度産 高山もち(もち米)
玄米、白米とも1キロ1000円(税別)



3合(約450g)脱酸素剤入りパック500円(税別)
常備していると、いつでもおこわや赤飯に便利。
使い切りの量なのでオススメです。

もち米玄米で生甘酒も作れます。
作り方は各自調べてくださいね。



送料は沖縄、北海道を除いて
5キロまで700円、
10キロまで1000円です。

それ以上の量を欲しい方は問い合わせてください。
沖縄、北海道の方は追加料金がかかります。

2017年10月?から
ヤマト運輸が料金を値上げ予定で、
その後は送料は上がりますのでご了承ください。

支払いは郵便振込か、ゆうちょ通帳間です。
注文の方は問い合わせてください。
直接取りに来る方は
その時に現金で支払ってください。

岐阜県中津川市加子母
合)なかよし家族
丹羽泰子

arigatou⭐️nakayoshikazoku.co.jp
⭐️を@に変えてメールください

メールはいつでも受付けます。
畑にいる時にはすぐに返事ができない時がありますが、2日前後には返事をします。


雑草の役目



マルチを張ろう、張ろうと思いながら
2週間?ほど過ぎました。
雑草が生えてきて、少しずつ広がってくる。



近くで見るとびっしりと、、
こんなに乾燥していても
草は土の中から水を吸い上げる。
砂漠でも一箇所に草が生えると
その周りがだんだんと緑に広がって行く。
反対に草が全くないと砂漠になっていきます。

だから、雑草は野菜作りの敵ではない。
理想は野菜の周りに適度な、背の低い草がある。
でも、家庭菜園ならいつも草が低いように、
増え過ぎないように、が可能だけど
出荷する量だと、そんな風に管理できない。
ので、草を取る時には
私は綺麗に抜いてしまいます。(≧∇≦)
又すぐに生えてくるし。

草の害は
ー草の背が高くなると、人が通れなくなる
ー太陽の光が入りにくくなる
ー風通しが悪くなり、水を持つので蒸れる
ー虫達の隠れ家になる

それくらい?
よく養分を取ってしまう、とか言うけど
そんな風に感じた事はないです。

利点は
ー乾燥を防ぐ
ー大雨の時も野菜への影響が減る?
ー土が崩れるのを防ぐ

特に土崩れに関しては、ここは中山間地域なので
斜面がたくさんあって、草刈りはとても大変。
そして家周りに除草剤を使う人でも
斜面には誰も除草剤はかけません。
斜面が崩れるんだそうです。

だから大変でも草刈り機で刈るか、
またはシートを貼ります。
シートは高いし、何年かすると破れたり
隙間から草が生えてきたり、で
3.4年ごとに取り替える必要があるようで、、
高くつく(o_o)

このカラカラ天気で、草も鳴りを潜めているけど
今夜から雨になるようで、、
雨を待っていたけど
その後の草の勢いが怖い、、

あ、結局今日、主人に手伝ってもらって
やっとマルチを張りました。
7月になったら、
あきしまささげを蒔きます。

きゅうりの連作障害と、地這きゅうり

ハウスのきゅうりの調子が悪い、、、
最初良かったのに、、
同じハウスに定植したスイカも
最初は順調だったのに
アブラムシだらけになって、なんか変、、

あ‼️
連作障害⁉️

このハウスはもう何年か続けて
きゅうりやウリ科ばかり植えていた。

うちは、冬、春といつも何かしら植えているので
同じ作物が連続することは無くて、
連作障害のことは考えてなかったけど
よく考えるときゅうりは、春から秋まで植えて
冬の間は何も植えてなかった。
ネット張ったままで、
何年もきゅうりばかり、だった。

さて、今からどうしよう?
きゅうり用のネット張ってる場所は無いし、、
今からどこかに張る⁉️きついなあ。

成田で、バイオダイナミックで農業やってる
百姓農園さんが、「きゅうりは地這に限る」と
ちょうどブログに書いてあって
主人にその話をすると
家の前に空いているハウスがあって
そこに植えて藁を敷いとけば良い、って。

昨日からきゅうりの苗を探すけどどこにも無くて
今日行ったホームセンターで見つけた!
しかも地這きゅうりの苗❣️



で、早速草を刈って、定植しました。
早い方が良い。



そして、隙間には藁を敷きました。



すごく平和に見えるけど
敷きながら、藁を片付ける時には
とても大変になるのがわかってて
ちょっとだけ憂鬱になりながら、作業。

奥の空いた場所には、これから種を蒔いて
秋まできゅうりが採れるようにします。
片付けの事は、冬になって考えよう。(≧∇≦)



昼間、トンビが獲物を探して旋回してて
かっこよくて、しばらく見とれていました。

それにしても暑い。
雨もまったく降りません。😢

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ