天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

農法について

うちの農業についてお知らせします。

1999年に脱サラして、東京から、主人の地元の中津川市加子母(かしも)に戻り、素人有機農業を始めました。有機農業の期間は、除草剤不使用、農薬不使用、肥料は牛糞をEM処理して、たまに使用していました。

3年間の準備期間を終えて、2002年から13年間岐阜県の有機認定を取得していましたが、2014年12月で有機認定継続を止めました。

除草剤、農薬、化学肥料を使った事はなく、2013年頃から牛糞有機肥料を完全に止めて、葉物などに灰や米ぬかを使用する程度です。肥料というより、草抑えになります。米、麦、大豆は無肥料です。

畑、田んぼともトラクターで耕起しています。耕さずに、そのまま次の野菜を植える事はよくありますが、完全な不耕起栽培ではありません。

種については、米、麦、大豆、黒豆は全滅した場合を除き、自家種です。実がそのまま種です。(笑)
後は人参はほぼ自家種で、実野菜のかぼちゃ、さやえんどう、そら豆などは種を取ります。他の実野菜と葉物野菜は、ほとんどが普通に購入している種です。なるべく無農薬の種を選びますが、全てではありません。

夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤなどは地元の苗屋さんから買う事があります。春先はとても寒くて、苗がうまく育たない事が多くて、2014年くらいから購入を始めました。この苗は薬を使っているものも、使っていないものもあります。
玉ねぎとサツマイモの苗作りは難しく、ほとんど苗を購入しています。地元の苗屋さんから購入します。

以前は主人が全て苗を作っていましたが、穀物(米、麦、豆)に力を入れ始めて、苗の全てを作るのが難しくなって来ました。と言っても年間100種類以上の野菜を作っているので、まだ多くの苗を主人が作っています。今後は、私が夏野菜の苗にもチャレンジして行きたいです。

岐阜県中津川市加子母
合同会社 なかよし家族
丹羽泰子

怒涛の秋

気がつけば長崎から帰ってきて
しばらく記事なし、でした。
遊びと仕事で忙しい💦

いっぱい気がつく事がありましたー。



きゅうりはもうあまり採れなくなったけど、
寒くなってくると、こう言う下膨れの物が増える。
きっと何か、栄養分?が足りなくなるのかな、と
ずっと漠然とそう思っていました。

でも種取りして見てわかった‼️



切ったやつ、上下、変な風に並べてあるけど
下半分に種が多い。
なるほどね、寒くなって種を増やそうとしてる。



玉ねぎも種になろうとして葉っぱが出てきます。
これを植えておくと、葉っぱが伸びて
来年の春に種ができるので玉ねぎの種は2年越し。
だから種取りはしてなくて
すでに8月の終わりに種をまいて
苗を育てています。

にんにく、じゃがいもも
同じように芽が出てきます。
にんにく、じゃがいももすでに植えている。



知らないうちにカリンもたくさん実がついてる。



8月20日に直播きしたきゅうりは
まだ暑いし、育つかと思ったけど
ここで止まって育たない。



今頃、結構できたスイカは多くなってるけど
切ってみると甘くない。(´-`).。oO

遅れて植えたカボチャはまあまあの出来。
ちょっと少ない。

やはり、暑い時期にちゃんと作るって大事です。



おまけ。

先日、加子母運動会に出ました‼️
みんなカツラかぶって楽しかった〜
運動会のために時々ラジオ体操もしてた。
ラジオ体操は続けていきたいなー。

秋の収穫始まる



ポップコーンとバターナッツルゴサで
カオス状態になっている、家の前のハウス。
ポップコーンはだいたいできてて、
でもつい後回しになる作物。
後回しになると、虫が大発生すると言う事に。
今年はうちにしては早く採ってみた。



虫はまだ最初の感じ。
でもコーンの後片付けは結構な労働で
半分で根をあげて、後回しに。(p_-)



そして、バターナッツルゴサ🥜を発見。
全部を採ってみないと、
どれくらいできているのかは不明。
でもこちらは置くだけ置いておけるので放置。



そして今年は順調な小豆。



茶色く枯れてきてるものもあり1回目の収穫。
小豆は枯れてきたものから、
3回くらいに分けて収穫します。
義母曰く、湿気ている朝のうちに採る。
乾いていると、はぜて小豆がこぼれてしまうから。
なるほど〜。

結局は午後からになったけど
お天気が湿気ていたので、はぜずに採れました。
ただ小豆も結構な虫がついてて。
下手したら、乾かしているうちにやられる。
さて、どうしよう?

薬を使わない農業では、
とうもろこしも小豆も虫がつくトップクラス。
しかも乾燥、保存しているうちに
どんどん食べられてしまう。

私はもっぱら、10日ほど脱酸素して卵も殺す、
という作戦だけどコーンも小豆もまだ湿ってるし、
小豆は皮をむいて豆にするまでに時間がかかる。
余談だけど、昔は小豆はぴっちり一升瓶に入れて
保存していましたね。
小豆の呼吸で脱酸素状態になったのかな?

という事で考えて、
まずは乾燥機に50度で一晩かけてみました。
あとは出して冷まして、脱酸素袋に入れます。



今のもっぱらの仕事は
時間を見つけて、人参救出。



この中に、人参が、、
台風の3日間で、追い越された😢
25列くらい、あと残り半分以下です。



ハウスの次のサラダもしっかり芽が出た。
種まきは主人が上手。



そして私が間引く。
間を空けないと太く成長しません。
ひょろひょろになって、後で苦労する。

秋は何かと忙しいですが
昨日の夜は加子母の秋祭りの前夜祭。
うちの区が当番だったので見に行きました。
前回は10年前、子供達と神輿をひきました。
もう10年。
今年は主人と2人でただ見に行くというお気軽。



小雨の中で幻想的な獅子の宮入りでした。
秋祭りは豊作の感謝の祭り。
うちの稲刈りはまだ先ですが
生かされている事に感謝、
とても謙虚な気持ちになりました。

すっかり秋



先日の台風18号で、
離れたハウスのビニールが数カ所破れた。
翌朝見に行って、あらら、って感じ。

骨組みがよがんでないのは何より。
主人は仕事が増えてため息?



中から青空が見えて、おかしい😌
ここはきゅうりやかぼちゃ、冬瓜だけど
まあ、空が見えているのは特に問題ない。



きゅうりを毎日収穫する時に頭ぶつける、これ。
ミニ冬瓜のはずなんだけど、、でかい。



これは大丸冬瓜。こっちはでかいやつ。

冬瓜は皮膚に細かい毛が生えていて
素手で持つと刺さって痛い。
洗って落とすんだけど、大きいと洗うのも大変で。
ゴム手袋持って行くの忘れると収穫も躊躇します。
1個5キロくらいするから採るのも大変。
宅配にはカットして入れています。

来年こそ、ミニ冬瓜だ‼️
でもお客さんは大丸の方が美味しい、と言ってた。
ので、迷ってまた両方作るかー。

犯人は?



朝晩寒くなったけど、キュウリが採れています。
昨日、収穫しようとしたら、、、



あれあれ?これは野ネズミじゃない。
かじった歯型が大きい。

そして、畑は荒らされてなくて
菜食、雑食というと、ハクビシン?
イノシシなら畑はめちゃめちゃになる。
狐が来た事あるけど、肉食。

でも、ハクビシンが
こんな家の前のハウスまで来たの?
半信半疑。
被害はこれ1本だけでした。
半分残していたけど綺麗に食べてる。



少し前からモグラもあちこちに出て来てる。
でも不思議と畑の中では悪さをしてなくて
どこも畑の隅がこんな風に盛り上がっている。

野菜もこの程度の被害は被害でもない。
むしろ誰がいつきて何してるのか、見てみたい‼️
と言う興味が先にある。笑

そしてその時猫達は騒いだのか⁉️
人間がそれに気づかなかったのか⁉️
思い出してみると、騒いでいたような❓
そんな事考えています。平和。

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ