天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

つれづれに。

今日は何も書くことを思いつかない。
いつも心に浮かんだ事を深く考えもせずに書いているのに。

最近の朝は2度とか4度とかで寒くなってきた。
今日は小学校が午前中で終わり、子供達が昼前に帰ってくるというので、
小豆を何とかしたいと思い、子供達には「友達と遊ぶ約束はしないで」と頼んでおいた。
小豆に関しては自分達の仕事と思っているので、しぶしぶ。
今年は雨降っただの、行事があっただの、でほとんど収穫してないからね。

夕方までやるつもりだったが、寒いのと、私が自分の歯科の予約が入っていて、
今年の小豆の草は子供達だけにやらせるには気が引けて、1時間半限定でがんばった。
私が草の中から、小豆の木を引っこ抜いて、子供達が実をもぐ、という作業。
けっこうな量が採れたけど、残りもまだまだある。
どれくらいあるかは草で見えないが、多分10倍くらい。
でもこれで、あと採れなくてもイイヤー、と言う気分。

話は変わって、昨日のねずみの話しだけど、うちには猫が4匹いる。
最近小さいねずみを2匹捕まえてきたみたい。
と言うのは、気づいたら家の中にねずみの屍骸、と言う状態。
飢えてはいないようで、食べない。遊んで、殺して、放置。
ありがたいのか、迷惑なのか、コメントに困るなあ。

この前、蕎麦にねずみがついたのは、猫を立ち入り禁止にしていた場所だったから。
猫のおかげで倉庫にさつまいもも置きっぱなしだったけど、食べられていない。
いや、少しかじられていたのかな?
すでに畑でかじられていたのか、わからない。
でも倉庫の被害は猫を飼ってからはなくなった。

いままでも家の中や米と麦につくねずみには神経を尖らしていたけど、
畑の中は自由にさせていた。
冬は野鼠がハウスの中でなにやらかじっていたけど、
ハウスの中ならどうぞ、と言う感じだった。全部食べるわけでは無いし。

一度、育苗器と言って、春まだ寒い時に種を発芽させて苗を作る保温が出来る大きい箱の中に
ねずみがついたことがあって
やっと出た芽を全部食べられて、困ったことがあった。
この時もネズミ捕りで捕まえた。(貼りつくヤツ)
発芽の時の芽はとっても甘い!らしい。
エネルギーもすごく高いんだろうな。

だらだら始まったので、だらだら終わります。

11月一日
0時から8時 花菜
9時から24時 葉菜






プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

10 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ