天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

冬を生きる

子供たちが九州へ行ってから3日目。
今日はじじばばと「島」に泊まっている。
贅沢三昧だそうだ。
みんな電話で興奮して伝えてきたのは、主に食べ物の贅沢さ!(笑)

いろんな人に「寂しいらー」と言われるけれど
実はそう寂しくもない。
忙しいからかな?
それに5日間と期間限定なので
この際「こっちもゆっくりしたい」と思っている。

でも、実際には子供たちがいないと
働き手がいないので、ゆっくり出来ないということを体験中(笑)

居なくて、実感した事。
洗濯物が少ない→いつも3~5回まわすのが1回で済む。
お風呂が早く終わり、片付く→長女は毎日1時間以上なのでー汗
お菓子や冷蔵庫のものが減らない→主人も毎日居ない
静か→特に早朝。毎朝5時にゲームの音から一日が始まる


IMG_2337.jpg
昨秋に買って、冬の間ずっと外にポットのまま置かれて
枯れたか、と思わせていたすみれ。
スミレは寒さに強くて
たいていは植え替えてやると、生き返り、花を咲かせる。

IMG_2338.jpg
この春に買い換えたもの。
買ってきてから、朝は連日ー10度くらいなのに生きている。

昔は花が買えなかった。
贅沢しているような気になって。
「私はお花を買える身分じゃあないのよ」みたいに思っていて(自己憐憫ー笑)
自分で貧乏を引き寄せていた。

今は季節になると家のまわりに花を飾る。
花を見ていると、とても幸せを感じる自分に気づいたから。
「きれいー、うっとり、、ありがとね」って感じ。
思わずにっこりしている自分が居る。

1個56円だった。
家の周りに14個買って、784円。
花農家はやっていけるんだろうか?って心配になった。

IMG_2339.jpg
私がいい加減にいろんな種をばらまく花壇。
細いのはサフラン、もやもや茂っているのはカモミール。
どちらも冬を越した今、茂っているのはおかしい。
本当ならこの時期、この花壇は裸のはず。
こんなに寒い冬だったのにどうしてだろう?

IMG_2340.jpg
最近写真を載せていないけれど
すっかり我が家の一員となっているタヌ。
出たり入ったりしているけど、やはり外が落ち着く。

IMG_2341.jpg
今日の私の昼食は卵かけ御飯!ぶっ!!
しかし馬鹿にしてはいけません。
この卵「生命農法」の卵。
主人曰く「生命農法」の本を読んで、農業をやるきっかけになったとか。
私の記憶では、本を読んだのは農家になってずっと後のような、、。

先日名古屋へ子供たちを送っていった後に
「旬楽膳」というスーパーへ行って着ました。
オーガニックの食材をはじめ(有機果物が多かったのにびっくり)
化粧品から身の回りのもの、加工品なんでもあった。
化学物質過敏症の人などは、
まず普通のスーパーへ行けないし、行っても買えるものがない。
勿論症状がひどい人は行けないだろうけれど(建築の問題で)
一筋の光だろうな。
経営の立場から言うと赤字だそうだ。当然だろうけど。
でもがんばってほしいです。

そして卵の味は、、すごくあっさりしている。
本当のものはそうだと思った。
木村さんのりんごも「すごーく美味しい!」と言った人も居たけど
友人のいちごさんは「普通に美味しいりんご」と言っていた。確かー笑
そんなものだと思う。

きちんと作られたものは
すごーくコクがあったり、甘かったりではない
「普通においしい」んじゃあないかな、って思っている。
いらない味がない、というか。

ばらばらな記事の一日でした。
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ