天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

迎え火

IMG_3492.jpg
2日続けて田んぼに入ったので
さすがに今日は畑の草取りをやってもらいました。
が、午後から歌舞伎のしゃみ合わせ(リハーサル)に
中津川へいく長女を除いて、
約2名は(笑)ほとんど動いていません。

たまに遠くから「こらーやれー」と声を掛けるけれど
実際には気持ちもわかるので
まあ仕方ないと思っています。

長女は今年の夏は、「やりたい事をやる」「やるべきこともやる」
が、しっかり出来ていて、親の方が恥ずかしい、、。
昨年とは全然違います。
子供はある日、さなぎから蝶になる。

IMG_3495.jpg
昼のサイレンまでは草取り、と言われてやっていた長男次男。
まずは畑の横の用水で、すでに水を掛け合っていたようです。
用水の山からの水はとても冷たいのです。

IMG_3496.jpg
家に戻ってきて、今度はホースで掛け合っていました。
もうびしょびしょ。寒くて震えていました。
再びお風呂へ。
こうやって遊べるのは楽しいね。

IMG_3493.jpg
この前の豪雨、強風で倒されたトウモロコシ。
実をつけ始めたら、カラス?がかじりまくり!
ホ・オポノポノも効果がなく(笑)
例のきらきらテープを張ってもらいました。
だって、食べたいでしょう?
すごーく、甘いんです!

IMG_3494.jpg
こんな感じ。
アーァ、って感じ(笑)

IMG_3499.jpg
え!?火事!?

IMG_3501.jpg
明日から加子母のお盆です。
迎え火と言って、祖先をお迎えするための火。
ここが家です!って迷わないように道案内の火。
うちは次男で、仏壇は無いので、昨年まではやってなかったけれど
今年は義父母がやれ、とたいまつを持ってきたので、やりました。
(従順ですー笑)

本当は大きなきゅうりに割り箸を刺して馬をつくり
それに乗って早く帰ってきてもらうんだそうですが
私は同じ班のおばあさんの初盆のおまいりに行っていたので
作る時間が無くて
火は男達が燃やしてくれて終わっていました。
送るときは太ったナスで牛を作り
ゆっくり帰ってもらうんだとか。なるほど。

誰が戻ってくるのかわからないけれど(爆)
ま、一応燃やしたし、いいよね。


プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ