天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

風通しを良くする

IMG_8273.jpg
今日も雨で寒かったですねー。
午後からやっと雨が上がる兆し。

猫達はこの通り、長女のベッドでぬくぬくと抱き合って寝ています。
次男は「生まれ変わるなら絶対に猫だよね。それも、家猫」と毎回言います。
母さんは野良でも良いけどね!

毎朝、結構降っているので、早起きも5日で終了。
6時か7時までぐだぐだしています。
ザーザーの雨の中で、収穫する気はおきません。
午前中の、小降りになったときを狙って、採っています。

IMG_8275.jpg
おくら。
やっと少しづつ採れ始めていたけど、この寒さでスピードダウン。

IMG_8276.jpg
韓国唐辛子。
宅配には余り入れませんが、産直では人気。

IMG_8277.jpg
もう終わりそうなトマト。
今年は何年かぶりで、良い出来でした。

IMG_8278.jpg
豊作なピーマン。
気温が下がったけど、出来ています。

どれも風通しがよく、整枝しています。
えっへん!!
今年はこれは威張れるんです。
毎年よく出来ていても、
そのうち虫か病気で、全滅に近い状態になることが多かった。

それは最初のうち調子が良くて
だんだん茂ってきて「よし、よし、元気だ。今年はいいぞ!」なんて思っていると
「あれ?虫かな?」とか「病気が出たな」とかになる。
でもいっぱい実も付いているし、と、そのままにしていたら
実はすぐに虫や病気で汚く、採れなくなって、
葉っぱが茂りまくっていると、整枝にも時間がかかり、もう出来なくて、
気がついたときには、全滅。
(実は家の前のミニトマトがそうなってしまった)

そういうことを、もう何年も繰り返してきて
今年は「あれ?」と思った、その時に
さっさと葉っぱや枝を思い切って落として
風通しがよく、陽が中まで当たるように、した。
実が付いていると本当にもったいないし、
こんなに切ってしまって大丈夫かな?と思うけれど
全滅したら、実は採れないんだから、と思い直して、
枝に実が付いていても、容赦なく落とした。

その野菜専門の農家なら、
この葉っぱはこの実に栄養を送っているので残す、とか
きっとあるんだろうけれど
私はとりあえず、思うままに落としていく。
どうせ採れなくなるんだったら、採れたら儲け、と言う感じ。

それで今年は、出始めた虫や病気が大発生にはならなかった。
そのまま収まっていって、きれいな実が採れている。

風通しが良い、陽が中まで当たる、というのは
野菜にも人間にも大事だな。








*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ