天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

根切り虫の気持ちが知りたい

長くなってしまった、。

IMG_8964.jpg
ハウスへ行くと、こんなのや、、

IMG_8965.jpg
こんなのが、毎朝、5個くらいはある。
犯人は根切り虫。

怒りやため息はない。ただ疑問があるだけ。
「どうして、切るのか?」
赤ちゃんが歯の生え始めにむずかゆくて噛むように
むずむずするんだろうか?

知りたーい!!(笑)
誰か知りませんか?

IMG_8963.jpg
春菊が育ってきました。

このまま詰まっていると、育ちません。
と言うか、茂りません。

IMG_8966.jpg
今日は葉っぱの定植適期だったので、広げることにしました。

ただ水をやって広げる。
肥料も何も使いません。
畝は以前から草を取っていたので、簡単なもんです。
でも仕事は17時過ぎから始めました。

なぜかと言うと、
今日は朝から各種(?)お客さんが3組来て
それぞれにコーヒー出して、民宿の方で話しました。

一組目は、東白川と言うお隣の町で
退職された保育園の元園長さんが私費をなげうって
恵まれない子供達をあづかる計画を立ち上げて
丁度国の新しい政策のファミリーホームにすることが出来
補助金が下りることになったそうで、来年4月開園できることになったそうです。

ずっと相談していた天照山の先生にそれを報告に行ったそうですが、
先生が「会わせたい人がいる」とうちに連れてきたのでした。
そういう話があることは1年前に聞いていて
「すごい人がいるなあ」と思っていましたが
まさか、そちらからたずねて、というか、連れられてくるなんて!

一体なんで、私に?と思いながら聞いていましたが
先生は以前から、鬱や引きこもりになった青年達を立ち直らせるために
土に触り、生活をさせる場所があればいい、と思っていらっしゃるようで
そういうNPOをつくり、補助金を申請する手もあるよ、と教えたかったみたい。(?)

でも私は民宿の売り上げて、
長女が高校生活を出来ればそれでいいんだけどなあ。
うーん、困った。
どういうことだろう??
もっと世のため人の為に、動けってことだろうか?

昼に近くなって、あわてて宅配を作って送りました。

間に合ってほっとしていると、
午後からは、東海農政局(つまり、農林水産省の職員)が3人やってきました。
米粉を新規需要米として、新しい使い方(パンやてんぷら粉として)を広めていくために
この春から、米粉用の田んぼに補助金が出ることになったんです。
なんと1反で8万円です。
こんな高額は破格ですが、これくらいしないと
今の日本で農業を広げることは出来ないのかもしれません。

主人はそれに1反申請していたので
まあいろんなチェックの面倒くさいこと。
肝心の米粉用の米は、なんと!!
本来なら500キロ採れる広さで、58キロしか取れておらず、補助金出ないかも?(笑)

政権が変わった時に、
休耕している田んぼを活用してもらうために始めた政策です。
「来年もやるんですか?」の問いに
「イヤー、わかりません。また政党が変わったら、、」
なんともはや、どこも困りますね。(苦笑)

どうも最近は、不正に補助金などを受け取れないように
さまざまなチェックがあるんですが
そのための人件費の方がかかっている気がします。
今後、粉にした時のチェックや、販売時の記録や注意を
3人から交互に受けて、お帰りになりました。
これが仕事の皆さんもご苦労様です。

そして最後は、私が頼んできてもらった、近所の友人。
長女さんが、恵那農高に通っているので
どんな風か、聞きたかったのです。
話を聞くと、本当によく通っている、と感心。。。

毎朝お弁当を持って、6時に家を出る。
8時半開始の学校に、8時過ぎに到着するんだそうです。
週に3回部活で、その日は役場にバスが22時到着。
迎えに来てもらって、夕食に、風呂入って、宿題して、朝はまた6時発。
あーこの時点で、うちの娘には無理だわ。

経費の話も聞きました。
中津川までの年間バス代が279,000円で、
今年から年間6万円の補助金が出るようになった。
しかし、さらに中津川から恵那までの電車代が年間54,000円要るのです。
これは交通費だけで、学校経費は別です。
めまいがしそうですねえ~。(笑)

それでも学校は楽しくて、元気に通っているそうです。
そんなもんと思えば、若いのでやれるね!
ただ、親がやれるとは限らない。(笑)
夕方までいろいろと教えてもらって
長女の方向も定まっていきます。
とても魅力のある学校なんですが、通うには無理そうです。
(寮は無く、下宿もないので)

みんなが帰って、薄暗くなってからの定植となりました。

IMG_8967.jpg
穴だらけでも少しでも暖かいように、と、戸を閉めて
一日が終わりました。

たまに猫が閉じ込められるので、要注意!(爆)









*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ