天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

日常生活

昨日は主人が長女を私立の高校の見学に連れて行きました。
そこは2年前に寮を見た長女が「行きたい」と言っていた高校です。
がその後、資金的に絶対に無理とわかり
最初から候補には上がりませんでした。

ところが最近、主人が調べて、
低所得者向けの奨学金制度が国と県であり、
さらにその高校独自のものもあり
低所得については自信(???爆)がある我が家はしっかりと受けられます。
それに加えて、成績優秀者のや、普通の県の奨学金制度を加えると
一般の公立高校より、経費がかからないかもしれない、とわかったのです。

最初はしぶしぶだった長女も
主人に引っ張られるように行ってみて、印象はやはりとても良かった。
これからまた、はっきりするまでは時間がかかりそうです~。

今は、おこづかいを持っている長男次男も付いていき
長女が見学している間、主人にあちこち連れて行ってもらったようです。

私は久しぶりに一人で、一日フリーにして
やりたいこと(掃除と種まき)を出来ると思うとそれだけで幸せ♪
安あがりにできています。(笑)

朝からは九州の実家の母に長電話。
やっと掃除に取り掛かったら、
義母が来て、コーヒーを飲みながら長話。
長女の入試の話。義母はその私立を一押しです。

その後、義姉が来て、
今は大学生の義姉の長男はその私立高校へ行ったので、その話。
携帯禁止のその高校に行くと、3年間携帯分は要らないよ、と。
「あーそうか!」それもあった。

民宿側の水道がもれていて、水道屋さんが修理に来たり、
あっという間に時間は過ぎていき、
あわてて種まきをしていると
長女の同級生のお母さんが用があって来た。
そしてまた、その高校について、沢山の情報を教えてもらった。

私は、両方の両親、兄弟、その配偶者の全員と仲良くさせてもらっている。
つくづくありがたいことです。
そして、長女が岐路に立つこの時期に、多くの助けが入る。
昨日は何度も感謝の祈りをあげました。
焦ることも心配することも無い。
「人事を尽くして天命を待つ」のみです。

IMG_9421.jpg
野菜くずや、もう要らない種なんかを捨てる場所。
川沿いのどんぐりの木の根元。

IMG_9422.jpg
そこにきれいなわけぎが育っていた。
多分、主人がもう植えない、ぼろぼろのわけぎを捨てたんだろう。
そしてそれが、育った。

植えたものよりも大きくてきれい。
こんなのを見るたびに「農業ってなんだろう?」なんて思う。(笑)
でも量が無いんだね。
せいぜい3回分。
今日の宅配の方、一人に入れました。

夜は体育委員の慰労会。
下呂のホテルで、バイキングとタイ人のニューハーフショー。
私はニューハーフショーは初めて。
土曜日だったせいか、21時半からのそのショーは満員で
300人から400人くらい入っていました。

きれいな彼女(彼?)達を見ていると
なんだか「こんなことしていいのかな?」って罪悪感少し。
日本は大変なのに、私も含めて、酔っ払ったおじさんたちはやりたい放題。
料金を義援金に送るとかあるよなあ、、
でもおじさんたちもストレス抱えてがんばってるんだろう。
そこのバイキングのスタッフはほとんどが外国人だった。
それを考えると困っている彼らに給料が行くわけだから、
なんてつらつら思っていました。

帰りは23時過ぎ、いつものように台所を片付けて
洗濯機1回目をかけて
すぐ寝る気にならず、テレビ見て寝て
今朝は「加子母教育の日」で授業参観で、早起きして弁当3個。

毎日、日常を過しています。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ