天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

保管庫

IMG_9434.jpg
昨日抜いた大根の中から、宅配に送る分を引き抜き保存。

いつもは洗って、なるべく凍みない場所へ保管。
と言っても今までは渡り廊下しかなかったので、
夜は冷えて、昼は日が照ると温度が上がる変化が大きく、時間と共に痛んでいた。
実家に置いてある大型冷蔵庫は未だ運べていないし
入れっぱなしにしていると、電気代もかなりになる。

IMG_9435.jpg
今年はどんな風にしようか、と考えた。
まずは、毎年「大量に洗う」という作業が大変で
大根を洗った後は、重い大根を持つのと冷えで、たいてい寝込んでいた。
今日は一人で200本くらいと思ったけれど
洗っていると今日中には終わらない。
他にもやりたいことがあって、
久しぶりに、土つきで保存してみることにした。

そして、まとめて大根を注文したお客さんが
新聞紙で1本ずつ包んで、さかさまにして
涼しいところで保安したら冬中持つ、と話していたので
やってみることにした。
左の箱も立てて保存。

今までのように気温差がある場所だと
土つきだと、返ってかびたり、痛んだりしやすいけれど
今年はいい場所がある!

IMG_9437.jpg
渡り廊下の向こう、民宿の1階はこんな感じ。
右の扉の中は、保管庫になっている。

IMG_9438.jpg
保管庫の中は、米や小麦が保管されている。
断熱材が入っているので、夏でも涼しかった。
冬はどれくらいの温度かはまだわからないけれど
今のところは10度前後で涼しい。

ここの隅っこに大根のダンボールを保管。
10度くらいだと、虫も大量発生はしないだろう。
かなり出来た切り干し大根や小豆やずいきもここに保管した。
ここでうまくいったら、電気代もかからないので嬉しいな。


*** COMMENT ***

お久しぶりです

やっとコンピューターを買いました。
本当に久しぶりのネットです。
また遊びに来ますね。

まみさんへ

おお、やっと!ですね。
パソコンは壊れると厄介だし、
忙しいのでそのままなんだろうなあ、と
思っていました。
久しぶりの記事、待ってまーす!

ジュニアは大きくなった事でしょうね♪

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ