天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

秋じゃが

IMG_9465.jpg
むふふ、美味しそうなパン!!
実際美味しかった。

残念ながら私の作品ではないです。
ちょっと前からのご縁で繋がって
今は萩原の清水の湯の中で、「ハニーズカフェ」を始めた小池さん(若い男性)の作品。

先日野菜を買いに来た時に
南部小麦のふすまがあったので、
「使ってみて」と渡したら、これが返って来た!
特にどこかで習ったわけではないそうです。
センスのある人は違うなあ。(涙)

これは外国産小麦粉とイースト使用です。
私はうちの南部小麦粉、とハルユタのカブレンドで出来ないか、やってみます。
こんなの宅配に入ってきたら、嬉しいよねー♪

IMG_9467.jpg
景色もちょこっと。
初冬の色合いです。

IMG_9471.jpg
右は主人がさやえんどうを蒔いた。その上から米ぬかを撒いている。
左はトマトを片付けてくれた。

真ん中はジャガイモを植えていたところです。
結構茂っていましたが、2日ほど0度になって、いっぺんで枯れました。

IMG_9473.jpg
枯れてしまった、ジャガイモの茎。
このまま置いていたら、2月に植えるのと同じ頃に葉っぱが茂って
5月か6月に収穫できますが
今出来ている実は、冬中育たないので、採る事にしました。

IMG_9472.jpg
2ヶ月近く遅れて植えたので、小さいです。
でも秋が暖かかったので、これくらい育ったんだな。
いつもどうりの秋だったら、全然採れなかったかもしれない。

IMG_9475.jpg
赤ちゃんが沢山ついていたのに、残念!!
収穫は全部で、かごに8分目くらいでした。

野菜が育つ時、積算温度が大事です。
どういう計算方法か、よくは知りませんが
例えば最近だと、10度が24時間で240度。
でも本来植える時期の8月の頭は、25度で24時間だとすると600度。
これが一日の差になるので
寒くなる時期に、植えるのが送れるということは
取り戻せない、ということです、ハイ。
来年こそ、遅れないように植えます。
でも今回は遅れているのはわかっていたけれど
自分で植えたかったので、実践して満足です。

反対に、暑くなる時期には少しくらいの遅れは取り戻せるし
むしろ暖かくなってからの方が、早く育つということもあります。

小指の先くらいの極小ジャガイモをスープにしたら
あまりに沢山だったので、家族からは皮が渋いと大不評でした。
ははは、早く片付けたかった。



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ