天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

万事塞翁が馬

IMG_9671.jpg
この数日、午前中、こんな風に晴れる時間があって
とーーーっても、きれいです!
でもしばらくしたら、曇った冬空に戻り
急に寒くなります。

IMG_9668.jpg
コンクリートが固まって、サッシが入りました。
サッシの向こう側には同じ広さの部屋が出来ます。

IMG_9669.jpg
どこがどうなるのか、私には良くわかりませんが
あちこちで手に入れた(拾ってきた、とも言うー笑)サッシが入っていきます。

IMG_9667.jpg
最高気温も最低気温も0度前後で、冷え込んでいますが
この机の下に置いた足湯のおかげで
この数年初めて、霜焼けがほぼ良くなりました!!
朝や昼のパソコン仕事の時間で
出来る時にやっています。

前に書いたように足湯とか
入浴時のそけい部マッサージ、膝の裏マッサージ
お湯と水交互とか、しゃもじで叩く。
たまに足湯をする。
収穫や外出はスキー用の雪靴で、出る。

こまめに心がけた結果
今から寒くなるこの時期に快挙です。
それだけで、なんだか幸せ♪

それに捉われていたわけではありません。
そんなに深刻でなく、でも良くなったら嬉しいな、というくらいの気持ちでした。
どんなことも、それくらいの気持ちで望むとうまくいくのかもしれない。
最近そういう経験をたくさんしました。

本来はめちゃめちゃ、ネガティブ思考の私ですが
少し離れて自分を見て
「あー、またやっているな」とか「悪い方に考えるよねー」とか
「また人のせいにしている」とか
自分を笑い飛ばすことが出来るようになって
起こることも変わってきた気がします。

何か嫌なことがあっても
それは後で「良かった」事に変わることも多くて
「ま、置いておこう」と思えるようになりました。

今回のコンクリートも
実は倉庫を建てた7年位前に、
床はコンクリートにしたいとみんな思っていて
でも当時は義父もそこまでする資金が無くて、
ずっとそのままになっていました。
何かあるたびに、「コンクリートだったら良かったのに」と思うことも多かったのですが
今、以前にコンクリートにしていたら
ただの倉庫で終わっていました。

今回民宿や、1階は加工場を作ることになって
コンクリを打つ前には、水道管やガスを通したり
電気の配線を考えたりと、地面をかなり掘ったのです。
だからコンクリにしていたら、出来なかった。

出来ない時には意味があるんだなあ、と
義母と主人はつくづく話していました。
改めて、導いてくれている人が大勢いると思えて
さらに感謝、です。

嫌なこと、つらいことが沢山あったからこそ
(勿論今でも、あります)
今、無事に生きていることに
感謝できるようになった気がしています。

ありがたい。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ