天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

寒くなったら、何を作る?

今日は一日変な天気でした。

ざーっと雨が降って、晴れて、空が青くなって、
「あがった」 と思ったら
また、ざーっと雨が降る。
これを3,4回は繰り返したような。

月曜の午前中は生協があって、時間が足りないので
洗濯物を外に干したりすることもなく、
おかげで怒る事もなかった。(笑)
出し入れした方、大変でした。

寒冷化になったら、何を植えたらいいか、ってことを
主人と話しました。
米が不作になるとして、補うのは麦と蕎麦。
今年は蕎麦を蒔くそうです。

最初の頃は、蕎麦を蒔いていましたが
蕎麦は殻が硬くて、殻が大きいし、
粉にするのが大変で、そのうち作るのをやめました。
そば粉を作っても、みんなが買うわけではないし。

今は小麦粉で慣れてきて、粉にするのも出来ると思いますが、
蕎麦アレルギーの方は、重症の方が多くて
粉砕機やふるいを麦と同じものを使うと
一粉でも混じっていたら、ショックを起こし大変です。

が、そこら辺は、蕎麦を業者に出すか、
蕎麦アレルギーの方には出せないか、また状況で考えます。
(今のところお客さんに、蕎麦アレルギーの方は居ないので)

もうひとつ、飢饉と言えば、ジャガイモ。
ジャガイモは寒さに強いし、
雨が少なくても、多くても、
比較的影響を受けず収穫できる野菜です。
しかも、主食になるし、保存もできます。

春~夏に採れる物は、すでに2月に植えています。
秋じゃがを、本来なら8月頃植えるのですが
早く寒くなることを考えると、1-2ヶ月前に植えるといいのかな?

他には人参や、白菜、キャベツなどの暑さに弱いもの、
今まで真夏には出来なかった小松菜やレタス系などの葉物。
これは気温により、虫がどうなるか、もあります。

多分、気温の上昇や下降が極端になるので
春や秋の野菜が夏にできるかは不明ですが
気温に合わせながら、採れる野菜を考えていきます。
考えてみたら、今までも
人間の思うとおりには行かない農業をしてきたので
うちは打たれ強いかもしれません。(笑)

アパートに住んでいる方でも
室内のプランターに野菜MIXの種を買ってきて少し蒔いて
収穫したら、また少し蒔いて、とかできるし、
もう少し食料を確保したい場合は
しっかりしたビニール袋でジャガイモを作るとか、
今後の食糧事情を見ながら考えてみて下さい。
ビニール袋の一番底にジャガイモを置くと、
その上に実がつくので大量に採れます。
ほとんどの野菜(実の物など)は3ヶ月から6ヶ月かかります。
葉物は気温により、2週間から間引きながら食べられます。
一番早いのは、はつか大根です!(笑)


うーん、やはり写真が無いのは寂しいなあ、、。
早く帰って来い、カメラ!!
いや、ムスメ。




*** COMMENT ***

幸いにも

うちはばばさま達が畑をやって、主人が兼業で米を作っています。(嫁は食べるだけで何もしない(笑)゜+。(*′∇`)。+゜)
だからいざというとき多少の安心はあります。
でもそれが当たり前になっては、有り難みがなくなるので考えないといけませんね。
だから「(命を)いただきます。」「ごちそうさまでした。」
と毎日言っているわけですが。
しみじみ考えないといけませんね。
子供にも、普通にご飯が食べられるのが、本当にありがたいことだと言うこと、教えていきたいですね。

ぽんたさんへ

田舎は土があるので、なんとかなりますよねえ。
コンクリートの都会の方を心配しています。

もともと食糧難に備えて農家になったのもあるのですが
流通が止まれば、役に立たないなあ。
できれば、いつもお世話になっている
お客さんの役に立ちたいと思っています。

それにしても、ぽんたさん、良い立場意ですねえ。(笑)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ