天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

さやえんどう

IMG_0477.jpg
小松菜の折り菜を採っていたハウス。
折り菜は大体採ってしまい、
脇から出てきた小さい枝が、
種をつけようと、花を咲かせます。
それが生きる目的なので、最後まで、絶対にあきらめない。

IMG_0478.jpg
採り残したサニーレタスはこんなに大きくなっているけれど
もう苦くて、まずい。

IMG_0479.jpg
この小松菜の間に、こぼれ種から発芽したさやえんどう。
種を蒔いたものよりも早く育ち
早く収穫できるようになったけれど
誘引が出来ずに、ぐちゃぐちゃな感じで育った。
何とか、小松菜にしがみついている。

IMG_0480.jpg
実はこんな感じでついている。

IMG_0481.jpg
何本かはこうやって竹を誘引として使ったけれど
雑草も小松菜も一緒で、収穫がとてもしにくく
太陽の光も届かないので、
最終的には、たいした量は採れない。

IMG_0482.jpg
ここは種を蒔いて、ネットで誘引している。

IMG_0483.jpg
長く沢山、いいものが採れる。

両方とも同じ、美味しいさやえんどう。
さっとゆでてマヨネーズや塩で食べる。
またはバターで炒めて、塩コショウ。
さやえんどうは、春になって始めての実のものです。

人の手を加えたほうは、長生きして、きれいに、たくさん採れる。
これが、自然の恵みをもらうだけ、と
農業の違いかなーなんて思います。
自然の恵みもありがたく貰うけれど、
農業もやってまーす!(一応ー笑)

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ