天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

節分、立春

昨日から宅配を再開していますが、
やはり両親が来ていると、いつものようには行かない。
母に手伝ってももらえるのですが、
ついついしゃべっていたり、一緒に座っていたり。
でもこういう時間も来てくれたからこそ、です。

弟が来ている間に、じじばばの老後と言うか
動けなくなった時どうするか、とかを話しました。
結論は出ません。
頭がしっかりしている間は、二人でがんばりたいんだそうです。
でも、実際にどうなるかわからない。

私の兄弟はみんな(私を含めて3人)晩婚です。
今まで晩婚や、遅い子育てが悪いとか困るとか
思ったことは無いけれど、今回気がついた。
今両親がどうにかなっても、誰も動けない。
弟(長男)の子は1歳半、弟(次男)の子は1年生。
そして我が家は、子供に一番お金がかかる時代に突入中。

もし、20代で子供を産んでいれば
40~50代で子育て終了し、
そこから親の介護とかが始まる。
その時には時間や経済的余裕があり、自分もまだ体力がある。
そういう一般的な流れで、まわっていくというか、
スムーズに人間の営みが繋がってきたんだな。

私達のように、子育てと介護が一緒になったら、
親はどうしても「迷惑をかけたくない」と無理するんだろうな。
今更思っても仕方ないけれど、
そして遅くても結婚できて、
子供を授かったことはとても幸せなことで
それもまた親孝行であったことは事実だけれど
もう10年早かったら、少しは親の気持ちを軽く出来たのに。
と今わかりました!

当たり前なのに、気がつかないことは沢山あります。
今年は節分も立春も、知らないうちに終わってしまった!

*** COMMENT ***

私も同じです。笑。
晩婚で、高齢出産。
唯一親孝行は孫を産んだこと。

でも、私の場合は、早く結婚してたら、
どうなってたかわからない。

まみさんへ

いえいえ、まみさんはまだ若い。
ご主人は私達兄弟と同じだけれど。(笑)
弟達ももう50代です。

> でも、私の場合は、早く結婚してたら、
> どうなってたかわからない。
→そう、その時が適期なんですよね。
 一番良いと思う選択をしていくしかないですね!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ