天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

成長すると言うこと

IMG_0955.jpg
今朝起きたら、ぽっかりと積もっていてびっくりでした。

油断していたと言うか、、。
予想していなかった。

最近、唯一、読みたいブログ「伊勢 白山道」に書いてある、
「みんなが警戒していたら無難になる」ということが
ちょっとわかってきました。
正しく心配して、正しく警戒した上で
日常生活を粛々と過ごす、感謝して過ごす、そういうことかな?


今日は小学校の学習発表会で
終わってから学級懇談会がありました。
そこで、「いじめ」の話が出ました。
勿論、そんなに深刻ないじめではないですが
でも心を傷つけられた子が居るのは事実です。
そして子供を思って親御さんは涙ぐまれていました。

女子の間で、仲間はずれとか、他他。
男子も「きもい」とか「死ね」とかの嫌な言葉を
簡単に、そう考えもせず、沢山使うそうです。

単純でかわいいだけの学年と思っていたので
そんなことが起きているなんて知らなかった!
今回は悲しい思いをした子のお母さん達が声をあげてくれて
初めてそういうことを知った親がほとんどでした。

みんな保育園からの知り合いで
親も他の子を小さい時から良く知っていて、良い子ばかりです。
だからそういうことをする子にも何か事情、悩みがあるのがわかる。
表情が以前と違って、きつくなっているのがわかる。
子供なりにストレス溜めているんだろうなあ。

そこで話したことは長くなるのでやめますが、
起きたことをちゃんとクラス全部の親が知っていることは大事、
と言うことは参加者の親さんは同意見でした。
知っていることで、ちょっとした声かけや気遣いで
自分の子も人の子も救えることがあると思います。

帰ってきて次男と話しましたが
勿論なあんにも知らず、興味も無い様子。
これから少しづつ、話したり聞いたりしていこう。
加害者、被害者、傍観者。
そんな区別が無くなるように。
これから後4年間、中学卒業までメンバーは変わらないし、
同郷の友人として、みんな仲良くして欲しい。

IMG_0956.jpg
雪が積もっていても、陽だまりはあったかい♪

子供達もずっとこうして居られたら良いけれど
そうもいかないようです。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ