天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

ヨトウ虫

IMG_0290_1_20130709202204.jpg
これは昨日の写真ですが、二つ重ねた梅干の樽が
今朝見たら、上の樽が沈み込んで、
もう水が上がってきていました。

IMG_0291.jpg
満杯だった梅はこの通り、詰って沈み、
もうひとつに分けた樽の梅を移すことが出来ました。
さすがに梅のひとつひとつに塩をまぶしたので
梅酢が上がるのが早い!!

念のために酢をまわしいれて
改めて、軽めにした重石を乗せました。
これでもうほとんどかびる心配は無し!

梅コーソの砂糖の方はまだ溶けてきません。
追加ようの砂糖をまだ買っていないので
もう少し時間がかかっても良いです。

IMG_0292_1.jpg
熱くなって、夏野菜は元気になってきました。
熱いのが好きな代表のピーマン。
見るからに虫がついている。
大きなフンもいっぱい。

IMG_0294_1.jpg
虫がついている木を見ると
以前、葉っぱを整枝せずに、そのまま茂らせていた列がほとんど。
これはまずは整枝して、風と光が入るようにする。

IMG_0293.jpg
そして木の根元をちょっと掘ると
必ずこの、丸々と太ったヨトウ虫が出てくる。
20本の木にほとんど1匹ずつ付いていて
90%以上の確立で見つけて、他の場所に捨てた。

今は1匹ついているだけでも、これが蛾になり、
蛾の時には葉っぱは食べないのでしばらくは被害は無いんだけれど
それが卵を産んで、イモムシになった時には
この何十倍の幼虫が葉っぱを食い荒らし、
そして、秋ごろ第3期が来て、もうどうしようもなくなる。
茎の中を食べられて枯れたり、実を食べられて商品にならなくなる。
今のうちに減らしておきたい虫です。

ただ昔、トマトの根っこを掘り返して
ヨトウ虫を取りまくったことがあったけれど
その根っこを掘り返すことによって
立ち枯れ病を、全部に感染させたことがあった。
トマトに関しては、あまりいじらない方がいいかも?
夜に活動するので、夜懐中電灯を持って行き
取り除くと言っていた農家さんも居たなあ。

風通しを良くして、
根っこにも充分光が行くようにしていたら
虫は嫌うし、病気にもなりにくいです。
人間も同じ、勉強になります。






*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ