天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

きゅうりとつばめと暑さ

今日は久しぶりに雨が降って
やっと今涼しくなりました。
それまで、蒸し暑かったです。

IMG_0306_1.jpg
暑いので、きゅうりががんがん採れる。
それはありがたいことなんですが、
みんなも、もっと採れるので、産直では値段が大暴落。
1キロ?8本くらい入れて、100円とか80円とか。
それでも売れ残るかも?

何しろ、毎日、いや、1日に2回朝夕に採れる。
このバケツはさっきの夕方の分なんです。
採らないと、巨大になって、食べられなくなる。
うちでこれくらいなので、普通に化学肥料を入れているところなんて
捨てるほど採れている。

そしてふと思ったのですが
きゅうりも放置していたら、脇から枝が沢山出て
当然実が一度に沢山成って、沢山実をつけると木はくたびれるので
あっという間に実が取れなくなる。

まだ暑くてきゅうりが食べたい8月には
あまり実が採れなくなる?
それは困る。と言うので、ちょっと遅いけれど
脇からの枝を整枝しています。
つまり、切って、一度に実を沢山つけないようにして
長く生きてもらおうと言う作戦。

第2回目のきゅうりもすでに植えていて、
これはまだ実をつけていないし
気温を見ながらやってみよう♪

うちはきゅうりは小さめで収穫します。
カリカリで、甘い。美味しいです♪
塩つけてかじって下さい!
宅配には6本入れています。
(もっと引き受けてくれる方にはいくらでも!)

IMG_0302_2.jpg
今年はつばめがおかしい?
早くから巣を作っていたけれど、雛が居ない?

IMG_0303_1.jpg
玄関の前だけでも6個くらいは巣がある。
親鳥がえさを運んでいても
いつものやかましいくらいのピーピーがない。
いつまで経っても雛が見えず
そのうち親鳥も来なくなる?

今はひとつの巣に1匹だけ雛が居るのかな?
競争が無いせいか、鳴かない。
雛なのか親鳥なのかもよくわからない。

他にも車庫にいくつかの巣があるけれど
こっちも親鳥が通っている割に
雛の気配が無い。

2階のベランダの屋根の軒下の
はちの巣の上にもつばめが巣を作っていた。
数日前にそこから雛が2羽落ちていて
いやがる長男に頼み(背が高いので)脚立で
主人と3人で大騒ぎして、巣に戻した。
その前に落ちたらしい1羽はすでに死んでいた。

ところが昨日気がついたのだが
上げた2羽と、巣に残っていた1羽の3羽が
また落ちて死んでいた。
結局ベランダの巣は空っぽ。

主人いわく「暑すぎて死ぬんだろう」
そうかも知れない。

本当ならとっくに巣立ちをしているはずなのに
まだ全く飛び立ってなくて
親鳥たちは、とてもやかましく、そこらじゅうを飛び回っていて、
ミクも菊丸も、しょっちゅう、つばめを捕まえる。(涙)
見つけたら、猫を捕まえて、離してやるけど
何とか飛んでも、後で死んでいるのかも?

まだ夏は始まったばかり。
皆さん気をつけてやりましょう。

*** COMMENT ***

No title

梅雨明けとはいえ暑くて、暑くてたまりません。昨日は昼にドカ雨が降りました。雷もつれて、降りこんで大慌て、後は蒸して脳味噌が腐りそうです。
私も、キュウリが取れて仕方がありません。もう、少はし枯れてきました。暫くは、キュウリが取れないかも、夏の野菜で一番すき。何にでも使えて便利です。
庸ちゃん受験早いです。昨日お母さんに電話したら、朝でしたのに、留守。旅行かなと思ったら早くにサツキの剪定をいていたらしい。元気な様子。
皆体に気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう。ひで子。

ひでこ姉ちゃんへ

九州は暑いでしょうねえ。
加子母は朝晩は涼しくて、良い風が吹いています。
窓は締めないと、寒いです。

母さんもひでこ姉ちゃんも、
身体を大事にして、元気でいてもらいたいです。
私も無理は出来なくなったので
子供に頼んで、自分がばてないようにします!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ