天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

ソーラーシステム工事中

IMG_0638_1.jpg
10月1日に足場が組まれた。

IMG_0641_2.jpg
家の周りも。

IMG_0642_2.jpg
何をしているかといえば、
ソーラーシステムを、家と車庫の屋根に取り付ける工事。

IMG_0643_2.jpg
すごく暑かった昨日、
家の急斜面にソーラーパネルを固定する作業をしていた。

記事に書いていなかったけれど
この春、4月に、倉庫の方の屋根には
ソーラー発電を取り付けた。

農業の収入では、どうにもならないと主人が考えて、
思いっきりの分割払いで、家よりも高い借金です。
ソーラーシステムは寿命が20年。
計算では17年くらいで、分割払いが終わる?
ただし、10年を過ぎると効率が下がるので
支払いと利益を計算したら、月に1万円の利益?
ただ今回倍に近い発電量になるので
利益も倍になるのかな?
発電は全部売電用です。

でも、それくらいなら、これに使うエネルギーを
今の仕事に使ったほうが良いと私は考える。
が、主人の考えは違うし、
自分の裁量でやればいいと思うので、
すごく高くなったけど、保険もしっかりとかけてもらった。

実際にうちのようなスタイルの農業で
やっていくことは無理?
今までやってこれたのが奇跡。
みんなに助けられたからです。

食べていくことは出来る。
が、いろんな機械が壊れていき、
それを修理したり、買い換えることが出来ない。
車は乗用と軽トラなどが必要。
主人はトラックも必要。
トラクター、管理機、草刈機の三種の神器は
毎年壊れて、トラクターはもう15年になるのでよれよれ。
新品を数百万で買ったんだけど。
田植え機、稲刈機、脱穀機、、、。

家のほうも、結婚して18年。
いろんなものが壊れて、今電子レンジが無い。
冷蔵庫、洗濯機、井戸水ポンプも調子悪い。
そういうものを買い換えることが出来ずにいるので
主人は何とかしたいと思ったようだ。

利益はさておき、
売電の収入で、ローンを払っていくので
ローンは何とかなっていくでしょう。

IMG_0646_2.jpg
主人は足場が組まれているうちに
古くなった屋根のペンキを塗っています。
明日で工事は終わり、足場も片付けられるので、大急ぎ。



生活を成り立たせるために一生懸命。
考え方は違っても、みんな同じです。

私は、どうにもならないと思っても
目の前のことをただ一生懸命やるのみ。
これで良いのだ!


*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ