天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

大根の保存

IMG_0855_1.jpg
今朝は2度くらいでしたが、寒くなかった。
身体が慣れたのか?
お天気が良くなるからかな?

IMG_0854_1.jpg
山は奥の奥、一番奥だけが粉砂糖♪

今日は17度まで気温が上がりびっくりでした。
暖かくて身体が動く時に
取り掛かったのは、大型冷蔵庫の掃除。

IMG_0857_1.jpg
この家を建てる前、11年くらい前に借家に居た時に、
野菜を収穫しても冷蔵庫がないと保存が出来ず、
どうにもならないと買った、中古の大型冷蔵庫です。

当時の借家は外と同じ温度だったので
夏は暑いし、冬は氷点下で、
どこにも保存野菜を置く場所が無かったのでした。
寒い場所では「凍らないために冷蔵庫に入れる」というのもありです。

その後この家が建ってからは
最初は倉庫も無くて、家だけで、
屋根のある場所が無く、大型冷蔵庫は置けず、
実家の車庫に置かせてもらっていました。

今回、実家が車庫を壊すことになり
うちも今は倉庫、作業場が出来ていて
冷蔵庫が10年ぶりに戻ってきました。

屋根下ではあるけれど外の実家の車庫に10年間あったので、
砂埃の汚れがひどいのなんの。
全部の扉の内側は泥汚れで真っ黒でした。
でも暖かかったので、水仕事もできました。

IMG_0859_1.jpg
沢山の網もきれいに洗いました。

IMG_0860.jpg
洗った大根をそのままにしておくと
水分が抜けてしわしわになるので
出荷する分はビニールに入れて気温差の無いところで
保存しなくてはいけません。

大き目のダンボールに大きなビニールを入れて
大根をどんどん入れていきました。
丁度大きなダンボール6個分になり、
冷蔵庫の中に入れ、積まないで済みました。
大根は重いので、積みあげると
下のほうが痛みやすいです。

さて、電気を入れて冷蔵するかどうか。
勿論冷蔵するのが温度の上下も無くベストですが
中古大型冷蔵庫の電気代は馬鹿にならないので
まずは電気を入れずに、冷蔵庫を密閉した時の
中の気温を測って今後を考えます。
作業場の午後の気温は8度だったので
冷蔵庫内が5~10度だとそれでいいかなー、
と思っています。

残りの加工用大根は水分が抜けても良いので
取り掛かるまでは、そのままで置いておきます。

またひとつ懸案事項が片付きましたあ♪

ちなみに、昔のやり方は
土を掘って、そこに生けておく、と言うやり方ですが
最近の気候で、温度の変化が大きいので
雪が溶けたり、冬に雨が降ったりして
(5年位前までは冬に雨は降らず、絶対に雪でした)
地中まで水が浸みて、今度はそれが凍ると
生けておいた大根が腐ります。
昔のように、春まで雪が溶けない場合は保存が良いですが
この数年は土の中に埋めるのはやめました。





*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ