天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

IMG_1191.jpg
春になるといろんなものが花になります。

IMG_1192.jpg
いつも書いているように、野菜は全て
実になるために、成長しているのではありません。
種をつけて、子孫を残すためにだけ、生きています。
そういう生き方をしていないのは、人間だけ。

その種になる過程の途中の
葉っぱや実になったところを、人間は食べている。
あるいは、お米や、麦や大豆のように種を食べる物もありますね。

そして春は、葉っぱがトウ立ちして、
種になる前の花を食べます。
花は食べても、ほろ苦さが美味しいけど、
ただ見るのも嬉しいです♪

花が開ききると硬くなり、食べられなくて、
そのまま放置されて種になるのですが、
昔はこのアブラナ科の種を摂って絞り
なたね油を摂っていたそうです。
ほんの数十年前まで、JAに油を絞る機械があって
持って行けば油が摂れた。
今はどこにも、そういう機械がありません。
個人で油を絞るのは、ほとんど不可能。

私たちは便利な生活と同時に
本当に美味しい物、体に良いものを
手放してしまったんだなあ、と思います。
みんなが食べるためだけに働いていた時代。
厳しくて大変だったと思いますが、
少しだけ、うらやましいなあ、と思います。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ