天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

豆を植え替えていました

6日から今日まで、ほぼ毎日、
ある仕事を手伝っていました。

それは黒豆と大豆の植え替え。

IMG_1458.jpg
このとてもきれいな畑は黒豆を間引いて、
写真の向こう側に見える畑に植え替えたから。
間引く時に、合間は草を取り、
丁度良い間隔にあけて行っている。

IMG_1460.jpg
そして、ここに広げて植え替えました。
今年の黒豆は乞うご期待!
黒豆の枝豆も食べ放題♪

IMG_1454.jpg
次に取り掛かったのは大豆。
見て分かるように、途中まで間引いて植え替えているところ。

IMG_1456.jpg
これが最初の発芽した状態。

IMG_1455.jpg
これが間引いた状態。
この充分な間隔で、しっかりした大豆が育つはず。

最初に種を撒く時は、発芽が悪い時もあるので多めに撒いて、
こうやって、後で間引きながら植え替えるのは良い方法です。
今年初めてこういうことになったけれど、
やり方としてはいいなあ。

ただし、労力は大変で、腰に来る作業です。
腰の弱い主人はへろへろで、
私は両方の指がこわばって、
グーパーしないと、動きません。

IMG_1457.jpg
そしてこの広大な畑に植え替えました。
毎日雨が降ったので、まるで田んぼの中での作業のよう。
主人は畝が立てられず苦労していましたが、
無理やり植え替えました。

植え替えも、ここで1週間はかかったので
途中で結構雨が降ったのは
作業は足が泥に取られて大変だったけれど、
苗にはありがたかったのかな?

2日ほどカンカンに晴れた日があって、
その日に植え替えた苗は死にかけているけれど
多分その後の雷雨で、生き返ると思います。

この後、草がどうなっていくのか、ちょっと怖い。
この広大な畑2枚と、まあまあの2枚。
収穫までが恐ろしいけれど
枝豆の事を思うと、よだれが、、。
楽しみです!


*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ