天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

インフルエンザ



寒い時期だけの水の芸術。



水の滴が流れるよりも
凍るスピードが早いと、こうなる。(*_*)
初めて見た時にはびっくりしたけれど
最近は慣れてきた。



道が凍って、凍って、と思っていて、
ふと、道路を見ると、雪溶けてるし!
気がつかなかった(・・;)
凍って滑るのは、うちの前だけでした。笑


昨夜遅くに長男の寮から電話。
寮でインフルエンザが流行り、
長男も高熱が出ていて、うつったらしい、
「病院に行って、また、電話します」
との事。こんな夜に病院に?
そんなにひどいの?
インフルエンザの場合は本来なら
自宅に帰らないといけないけれど
県外の子は隔離室があるので大丈夫との事
それでも、一人で隔離?と心配で
今夜、寝れないわー、と思った。

まてまて、まずは本人にラインだ。
と、「風邪の症状はあるけど熱はないよ」
返事があり、明日ー今日ですが
病院に連れて行ってもらう、とのこと。
結果は陰性で、ひとまずは隔離室で
爆睡したらしく、それで完治。(^o^)/
良かった!
薬は山のように出されたけど
飲まずに、寝ただけで治った、って。
どれだけ不摂生してるんだ、って話。笑

インフルエンザだとしても
薬を飲むのは日本人だけと聞きました。
海外では風邪を引くと仕事、学校を休むのが基本で、1週間くらい休む。
完全に治ってくるので周りにうつさない。
道理ですね。
ただ今の日本社会では難しいでしょうか?

人間には自分で治る力がある、って思っています。薬はあくまで、その手伝い。
だから体力がある人には薬は不要です。
体力、免疫力が落ちていて症状が辛くて、治癒力を発揮出来ない時に薬に力を借りて
症状を抑えてもらい、楽になった時に
自分の免疫力を回復させて、結果治る。

最近、予防接種とか、抗菌とか滅菌とか、そのくせ香り満載で、化学物質の氾濫。
どれも免疫力を下げるものばかりが蔓延していて、気になっています。
免疫の話は次回でも〜

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ