天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

野菜の保存ー冬

いつも書いているように野菜や穀物は、
作るのは兎も角、保存が難しい。
夏は痛んだり虫がついたりしないように。
冬は凍ってだめにならないように。

勿論、大型の冷蔵室があれば話は別で、
0度のチルドから15度位まで
温度が調整出来て、
幾つかの部屋に分かれていれば万全。
欲しいなあ(((o(*゚▽゚*)o)))



昨年の秋は久しぶりに
沢山の白菜が採れて
大型の冷蔵庫に保存した。
この古い大型冷蔵庫を夏につけると
電気代は、月に5000円upするけど
そういう場合ではない。( ; ; )

今、2ヶ月経って、傷んでいる物もあるけど
中は綺麗だったりして宅配に出荷できる。
本当は一番寒くて鍋を食べたい2月に
送りたいけど、今の所は無理かな。



サツマイモはバスタオルで包んで
ダンボールに入れて
氷点下にならない生活スペースで保存。
サツマイモは10度以上欲しいけれど
生活スペースでも夜は0〜5度になるので
一部は傷んでいたけど
ほとんど大丈夫だった。



家庭用にダンボール1個位なら、
冷蔵庫の上が暖かいので
寒冷地での冬越しにオススメ。
うちはすごく大きな段ボールで
4個分あったけど
もう残りは一箱になりました。



これまた、豊作だった大根は
入れるだけは、大型冷蔵庫へ。
入りきらないのは
民宿の1階部分の通路のスペースへ。
ここは夏は涼しく、
冬は寒いけど、氷点下まではいきにくい。
たいてい、2.3度のパーシャル?笑



ダンボールに逆さまに入れて
下には新聞紙テープできっちり閉めていた
この冬は12月から寒くて
同じような気温だったので
保存状態が良い。

カゴに入れているのは
ちょっとしわがれたりしたものを
切り干し大根などの加工にするつもり
なんだけど最近は夜は働かないようになり
加工できるかは不明。

それでいいのだ!

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ