天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

置きっ放しの里芋



久しぶりに朝から晴れました!



母娘は小鳥が来るので釘付けです。



秋から玄関に置きっ放しの収穫箱。



中は里芋です。里芋は凍る寒さに弱い。
本当は秋のうちに、
泥を落として、要らない皮を剥いて
実の部分だけを、乾かないように箱に入れ
凍らない場所に保管すべきもの。

一番ベストな保管は、本家ならたいてい、
室(むろ)と言う深い穴が玄関の中にあり、
その中に里芋、サツマイモなどを置き
上から籾殻を被せておく。

残念ながら、我が家には室は無いので、
発泡スチロールにもみを入れて
もみの中に里芋を埋めて保管するのが
長期保存の場合ベストと思われるのですが
面倒なのと沢山の量を保管するのは大変。

作秋は二箱分は綺麗にして
ダンボールに入れて、家の中に、
残り一箱を玄関に置いたまま
忙しい年末に突入し、雪も早かったので
そのままになっていました。
言い換えると、今まで
宅配用の野菜が足りていた。笑

いよいよダンボールの里芋も無くなり
恐る恐る、これに取り掛かりました。



すると、思いのほか、良い状態でした!
玄関は日が当たると暖かいですが
それでも気温は0〜10度くらいです。
冬は乾燥しているし
付いている泥もカビたりしなかった。

来年から同じようにするのかは未定ですが
とりあえず、今回は助かった!

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ