天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

夏野菜



普通は稲刈り、籾摺り(もみ→玄米)の後
冬になる前に、もみを炭にする
「燻炭 くんたん」を作るのですが
うちの籾摺りは遅い上に
昨年は雪が早かった(*_*)

燻炭をお米の種まき、
つまり籾まきに使うので
春のこの時期に燻炭作り。
風を気にしながら、の作業でした。



路地に夏野菜を植えました。
早めのこの苗は、
加子母の田中野菜畑さんの苗を使用。

この春は冷えむことは少なくて
大抵10度前後ありましたが
1日だけ、朝1度の予報。
これはまずい!
夏野菜は30度が嬉しいようで
1度になると、一晩で枯れる可能性もあり。

あわてて、ナスに
保温用の覆いを被せました。
が、数が全然足りない。(;_;)



ない知恵を絞り、
ペットボトルを切って、、



背の高いのは、頭を出した状態だけど
ないよりはマシ。
その一番の寒い予報の日は
頭をビニールで被せ、
冷気に当たらないように。
結局は5度くらい?で済みました。

昼間は蒸れないように
覆いをのけて、以後はあまりに窮屈なのは
外しています。

最低気温は10度前後だけど
それくらいは慣れてね!

薫炭を使っての、もみまきも
うるち米の方は無事に終わり、
今週末に次男と主人が
もち米を籾まきです。多分。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ