天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

ピザ生地とパン

小松菜、ほうれん草、サラダなどの葉物が
育ってきたけれど
実のものが採れるのはまだ先で
この時期は朝の加工品作りが定番です。

1、2月の餅、黒豆おこわを過ぎ
3月から、小麦粉になっています。

幻と言われているハルユタカ100%で
もちろん、農薬不使用、無肥料です。
贅沢に使えるのは、自分達て育てて
自分達で製粉しているからです。



自然塩、パネトーネマザー酵母、水で
こねますが、100回なじませるようにこねるだけ。
夜寝る前に、ほぼ毎晩の作業です。
使い捨てキャップか、ラップをして冷蔵庫で一晩。



朝冷蔵庫から出して
寒い時期はストーブの上にしばらく置いて温める。
最近は朝が5度くらい?室温は10〜15度あるので
室温でしばらく置きます。



こんな感じに膨らみます。
次男が学校へ行き、
主人と私の朝食が終わった頃
さて、生地を焼きます。



生地を分けて丸めて、
それを麺棒で伸ばす。



フライパンで焼く。これもテキトー。
焼きながら、伸ばすの繰り返し。
慣れてくるとだいたい20分の作業。



ボール1個分、ハルユタカ400gで
12枚のピザ生地が焼けます。
宅配1軒に5〜6枚入れています。
冷凍も出来るので、便利。

パンも焼いています。
これは、有機のグラノーラやカレンツ、すぐりなど
たっぷりはいっています。
子供さん用には有機のチョコチップ入り。
今年は材料は惜まず良いものにしてみました。
技術不足は材料で補う!笑
これはボール1個分でパン2個。

ずっと農家の六次化が言われていて、
つまり生産だけでなく加工までやる、って事ですが
知らないうちに、米粉、小麦粉だけでなく
こういうパン類やきな粉など
六次化の製品が増えている⁉️

採れた生産物をなんとかしなければ、とか
冬は野菜が少なくて送るのに困る、とか
必要に迫られてやってきただけだけど
都合の良いように進んできているのかも。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ