天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

農法について

うちの農業についてお知らせします。

1999年に脱サラして、東京から、主人の地元の中津川市加子母(かしも)に戻り、素人有機農業を始めました。有機農業の期間は、除草剤不使用、農薬不使用、肥料は牛糞をEM処理して、たまに使用していました。

3年間の準備期間を終えて、2002年から13年間岐阜県の有機認定を取得していましたが、2014年12月で有機認定継続を止めました。

除草剤、農薬、化学肥料を使った事はなく、2013年頃から牛糞有機肥料を完全に止めて、葉物などに灰や米ぬかを使用する程度です。肥料というより、草抑えになります。米、麦、大豆は無肥料です。

畑、田んぼともトラクターで耕起しています。耕さずに、そのまま次の野菜を植える事はよくありますが、完全な不耕起栽培ではありません。

種については、米、麦、大豆、黒豆は全滅した場合を除き、自家種です。実がそのまま種です。(笑)
後は人参はほぼ自家種で、実野菜のかぼちゃ、さやえんどう、そら豆などは種を取ります。他の実野菜と葉物野菜は、ほとんどが普通に購入している種です。なるべく無農薬の種を選びますが、全てではありません。

夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ゴーヤなどは地元の苗屋さんから買う事があります。春先はとても寒くて、苗がうまく育たない事が多くて、2014年くらいから購入を始めました。この苗は薬を使っているものも、使っていないものもあります。
玉ねぎとサツマイモの苗作りは難しく、ほとんど苗を購入しています。地元の苗屋さんから購入します。

以前は主人が全て苗を作っていましたが、穀物(米、麦、豆)に力を入れ始めて、苗の全てを作るのが難しくなって来ました。と言っても年間100種類以上の野菜を作っているので、まだ多くの苗を主人が作っています。今後は、私が夏野菜の苗にもチャレンジして行きたいです。

岐阜県中津川市加子母
合同会社 なかよし家族
丹羽泰子

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ