天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

今年の失敗たくさん

今朝は6度。
冬へ向かうこの季節は進み方が早すぎて
ついていけない。



気分をあげようと、花を飾ってみました💞


今年は時間も労力も注いだのに
収穫に繋がらなかった事が多かった。
いや、注いだから繋がらなかったのかも〜?;^_^A

春から人参、サラダ、小松菜が
発芽がとても良くて、出足はルンルン🎵
一度は石取りしながら、草も取ったのに
間引くのは育ってきてからでいいかな、と
後回しにしてしまった。
いつもなら、後で間引きは出来ないと
さっさと間引くんだけど、
まだ寒かったし、育ってきたら
収穫しながら間引こうと思った。

最初に虫が一番大好きなアブラナ科の小松菜が
すごい事になり、それはすぐに分かったんだけど
小松菜として出荷できなくても
トウ立ちの花が美味しいので
それを採ろうと思った。→ここ、後悔。

サラダには虫はつかない、って思ってたら
小松菜で大繁殖したのがこっちに移り、
雨で、時々とても暑くなり蒸されて、
サラダもひどい事に、、

慌ててサラダの間引きや、
ものすごく大きくなった小松菜大量に抜いたり
(1本が1キロ以上、抜くのも捨てるのも大変)
梅雨の雨の中で、作業は進まず、、

最終的にサラダも小松菜も手をかけた上に
ほとんど全部抜く羽目に、、
残った人参だけは良いぞ!と思ってたら、
気温が高い夏の雨続きで
これまた最後は、土の中で溶けてる。



この畑はその後も色々と。
9月6日に良い感じでで、サラダと人参。



これは9月25日。
雨が上がったら草を取ろう、と思ってるうち、
途中からは雨の中でも取ったんだけど、
3週間で、すでに埋もれてしまい、
半分はものにならなかった。
サラダは溶けてほとんど採れなかった。



同じく9月6日の大根。良い感じで育ってた。



3週間後、お日様が出ない、畑が乾く間がない、
ってこういう事なんだ、って初体験でした。
間引きの大根菜も今年はほとんど出荷出来ず、、
でも土の中の大根は不作ながら、少し育ってる。
凍みたら成長終わり、凍みるの待ってください!



今年の「暑い夏に枝豆食べよう」作戦。
ハウスで発芽した4月3日の丹波種黒豆。
主人は二重トンネルにしたり、
発芽まで、とても手をかけた。



結局、夏には花が咲かず、
花が咲かないって事は実にならない、って事。
これは10月10日の写真、
露地に5月半ばに植えたのと
同じ時期に花が咲き、実になってる。



草取りした所もしてない所も
同じくらい草だらけで
中に入ると、小さい蛾が飛びまくり、、
収穫時まで、後1〜2ヶ月あり、
豆は虫喰いだらけになる可能性がある。(;_;)
という事で、ハウスで枝豆作戦は完全な失敗。

露地の大豆、黒豆も今年は超不作。
雨続きで、発芽しても腐り、
雨の中トラクターをかけ直して
主人はほぼ全部の畑を7月まで蒔き直した。

それでも同じ、発芽しても腐るので、
去年は合わせて1トン以上採れたけど
今年は100キロ行くか⁉️

ものにならない事は毎年山のようにあり、
いちいち落ち込んでたら身がもたないので
大抵の事は普通に流すけど
今年はこの、ものにならなかった事に
ほとんどの時間を費やした気がして
もやもやしています。笑

このもやもやを感じつつ、
里芋堀りにでも、取り掛かります(^o^)/
農業なんて、こんなもん。
なんくるないさー

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ