天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

あきしまささげ



左は終わったきゅうり。
右は8月3日に種を蒔いた、あきしまささげ。
寒くなると紫の縞が入り、
茹でると鮮やかな緑色になるので
「湯上り美人」と呼ばれ、
味が濃くて、なんとも美味しいささげです。

なんで脚立か?と言われると、、



天井まで伸びて、全く届かない。
脚立で採れるところは取り、
高く伸びた蔓は千切って、下の方へ向ける。
上に伸びる前に引っ張り下げておくべきでした。
これはきゅうりも同じ。

他の場所ではハウスの破れた天井から外へ、
実がたくさんついているのに、取れない。(;_;)
せめて種にするので、なんとか落ちてこないかな。

あきしまささげはこの3年ほど
知人の、下呂の有名な蕎麦屋さんが
なるべく長期に欲しいというので
5月の春蒔きと、本来の夏蒔きをやってみたけど
どうも春に蒔いても、
実がつく時期はあまり変わらない?

5月16日に蒔いたものは7月9日から収穫開始。
でも収量は少なくてたまに宅配に入れるくらい。
これが採れ始めたので、
もう夏蒔きはやめるつもりが、
やはり長く採りたい、と思い直して
かなり遅れた8月3日に追加で種まき。
9月23日から採れ始め、勢いがある。

虫がつかないように、とか、
病気が出ないように、とか、
特に梅雨の高温多湿の時期は間引いたり、の、
植えてからの手間を考えると
ここら辺で昔から言われている7月に蒔く、
と言うのが道理に合ってる。
3年かかってわかりました。´д` ;



その土地の気候に合った事を
その時期にやる、っていう事に尽きる、
って事を毎回繰り返し学んでいます。´д` ;

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ