天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

種を取る事



昨日の朝も、寒い雨でした☂️
が、晴れてみたら、山は雪でした。
美しい季節がやってきました。



あきしまささげの、取り損ないが枯れています。
これは10月の終わり。



中は種になっています。
ふくふくして、良い種だ〜



今年は、あきしまささげは種が沢山取れたので、
ちょっと変なものは捨てて
良いものだけを選べます(^O^)/
来年の7月に植えるまで、冷蔵庫に保存。

緑色のは普通のささげ。まだ枯れてなくて、
半分凍っていたので、取ってみました。
このまま、しばらく乾燥。 種は細長い。

今の所、種を繋いでいるのは
米、餅米、麦4種類、大豆、黒豆、人参。かな?
穀物は実がそのまま種なので
少しでも採れたら、繋いでいけます。

さやえんどう、そら豆、ささげ、ジャガイモなどは
種が取れたり、取れなかったり。
足りなくなったら、種を買い足す。

最初の頃はトマト、ナスなどの夏野菜の種も
取っていたけれど、手間がかかり、
夏までの保管が難しく、しかも発芽が揃わない。
で、最近は夏野菜は苗を買う事もあります。

全く種が採れてないのは、葉物。
前に種を取ろうとしたけど、これまた大変で。
量も全然足りないので、葉物の種は買います。
たまに、ディルなどのハーブの種は取ります。

野菜の種類は年間に100〜200種類。
年に何回も蒔くものもあり、種まきは大量です。
種まきは主人。私が蒔くと発芽しない(;_;)
育たず、採れないものも沢山あります。

土地が空いているなら、
採らなかったものをそのままにしておくと
冬を越して、春には全て種になり
勝手にこぼれ、勝手に発芽しますよ〜
それが究極の自然農だけど
量が少ないし、密に生えると実が小さくなります。
小さいと美味しくないものも多い。
なかなか難しいです。


*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ