天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

冬のハウス



トウ立ちの茎と蕾を食べるアスパラ菜と、
同じような赤い紅苔菜、
そして根元には大きく伸びなかったけど
地面に張った春菊がひしめいています。

本当なら、秋のうちに採れるはず?
でも蒔くのが遅くて、
それなら、冬を越して春に育つはずが、
今まで暖かくて中途半端に育ってしまった。

このままトウ立ちを待っても
今から大寒がやってくるこの時期は
完全に凍ってしまう時間が長くなり、
春には収穫できなくなる可能性が高い。
と思って葉っぱを食べてみたら、
アスパラ菜、春菊も、まあ、美味しかった‼️

朝晩が氷点下で、昼間に日が出ると
昼間の養分を、本来なら夜に成長に使うのが
夜が寒くて成長出来ないので
養分を、凍らないように糖分に変えて
葉に蓄えるので、葉が厚くなります。
それで、この時期の葉物は驚くほど甘い❣️
早速、宅配と、道の駅へ出しています。



お隣のハウスは、
小かぶと山東菜(巻かない白菜)が
小さいながらひしめいてる。



11月の終わりに種まきして寒いと発芽しないので、主人はビニールをかけていた。
その後、比較的日が照ったので
気になりつつ放置していたけど
昨日、ビニールはいでみたら、、



あらら、ヘナヘナに伸びてる(°▽°)
これは小松菜です。育ち方の違いで違うものに。
最初からビニールをかけているので
間引きも、石取りも、当然草取りもしてない。
でも、一度ビニールをはいだら
もうかけたり、はいだりしない方が良いのは
過去に実証ずみです。

今週は冷え込むようだし
まだここに取りかかれないので
そっとビニールを元に戻しました。笑



今朝はついに、、

今週は冷え込むようですね。
葉っぱも一日中凍ると困るなあ。

お正月期間に
もっとハウスの仕事が進むはずでしたが、
何してたんだろう?
こうやって一年が過ぎていくんだなあ、、涙

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ