天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

肉食の方が良い‼️



外は寒いけど、玄関の中は日が良く当たるので
年末に寄せ植えした花も、欄も
花が💐咲き始めました。 色があるって嬉しい❤️
一時はアブラムシだらけだったけどどこへ行った?



ハウスの中の春菊とアスパラ菜、紅苔菜は
ほぼ獲り尽くしました。
途中から、アブラムシが増えて、
でもアブラムシを食べるアブラ蜂が
勝手についてくれたので、野菜の被害はなかった。



葉っぱの下の方に肌色についているのがアブラ蜂。
蜂と言っても、小さい蚊みたいな虫です。
アブラムシに卵を産み付けて
そこから羽のある蜂になり飛び立ちます。

アブラムシは葉っぱの養分を吸うので
大発生すると、葉っぱの成長がおかしくなって
枯れたり変な葉になったりして出荷できなくなる。

でもアブラ蜂は肉食なので、
野菜の成長には影響しないのです。
農家には肉食の虫や動物の方がありがたい。
菜食の虫や動物はキライです。



だだ、アブラ蜂も洗い流すのは大変な作業。
葉っぱの裏表を一枚ずつ見て洗い流します。
食べても害は無いけど見た目も大事。



今夜からまたお天気が荒れそうなので
今週の宅配分の人参を掘りました。
雪の中はパーシャル。土も凍っていません。




実はこの土日、主人と次男は受験へ行っていました
着くなり次男は「あー、家は良いなあ!」笑
この日のために、冬休みに色々やって、
蛹から蝶へ豹変した次男ですが
帰ってきてからのスッキリした顔が、
今日までの緊張を物語っていました。

無事に受けれた事が何より‼️
「ここまでやったら結果はどうでも悔いはない」
の言葉通り、後は天命を待つのみです。
今夜はミクとゆっくり寝てね。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ