天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記



22日土曜日に、恒例の花見。
近くの中華屋さんで昼ごはんを調達して、
いつもの花見🌸スペースへ。
子供達がいなくなって、
主人とふたりだけの花見でした。

毎年、仕事の合間の昼ごはんを
家から数分のここで食べるだけなので
子供達がいなくなっても特には、って感じ。笑

「暖かくなったし花見日和❣️」
と思って行くんだけど
いざここに着くと、風が強くて、いつも寒くて
食事終わったら冷え切って、すぐにでも帰りたい。
毎年繰り返しています。(><)

日曜日は「いぶしん」と言って
田んぼが始まる前の、用水の草刈り、どぶさらい。
男達は一日作業に出ます。
夜は班で花見の宴会でした。
今年は桜が遅くて、ちょうど満開🌸



民宿からの景色。
月曜日にはティクナット・ハーンさんと言う
世界的に有名な瞑想家のお弟子さんの尼さん達が
ご縁があって民宿に泊まり
ビーガン料理に頭をひねっていました。^_^
そのフランスのコミュニティで栽培している
プルーンから作ったジャムや
著書をいただき、ありがたい限り。
ご縁は神の采配💝

桜満開を喜んでもらい、何よりのもてなし。



昔はここの道路に敷物を敷いて花見してました。
家の横なので、テーブルや座布団持って来て
食べた後は昼寝もしてた。(><)
道路の私物化です。田舎の良いところ。



川沿いの桜並木はずっと続いています。



反対側も続いてる。

毎年書いているけれど、
ここの桜が綺麗なのは手入れしているから。
主人は子供達と、毎年この時期に
天狗巣病にかかった枝を切り落とし
片付けてきました。川沿いなので大変です。
ホイルローダーを高く上げて
それに子供が乗って、乗り出して病気の枝を切る。
見てると怖いので、見ないようにしていました。
ずっと向こうの方は違う班の人たちがやってる。
だから病気が広がらずに綺麗な花を咲かせる。
今年からは出来ないかも、、。

自然の中に普段の生活があって幸せです。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ