天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

やっと原因がわかった⁉️



今年初めて、私が主体で夏野菜を作っていて
最初はとても調子良く育っていたのが
梅雨の時期に入り、突然枯れ始め、、



なすすべもなく、ガックリと凹み、
でも野菜が出来ないと困るので
1ヶ月遅れでまた種を蒔いたり、
苗を植えたりしました。ダメ元‼️

でもどうしてハウスの夏野菜が全部枯れたのか?
連作障害と思っていたけど、



枯れてしまったきゅうりの後に
主人が蒔いたきゅうりは順調に育ってる。
ということは連作障害ではない。
じゃあなぜ⁉️

それからはダメになった
きゅうり、かぼちゃ、トマト、
冬瓜、メロン、ゴーヤなどやり直しをしながら
出かけた時には他の人の野菜をじっ‼️と見て
「あ⁉️」と気づいたのは
みなさん、マルチ張ってても全面を覆ってない。
野菜の根元だけを覆っていました。



家の前の小さいハウスは
マルチを張ってなくて、ここのミニトマトは
枯れたのは2.3本だけであとは元気。



これは強い雨が降った翌日。
このハウスは排水が悪くて、
でも、立地の問題で改善が難しい。
夏野菜が枯れたハウス2棟はここの両側。

主人曰く、たまに大雨が降る梅雨の時期に
地面が水で浸っている環境で、
根っこが酸欠になって枯れている。
そしてこの時期、気温が急上昇するので
熱湯に根っこが浸っているのと同じなんだ‼️

思い出せば、この数年
通路の草取りが大変だから、と
通路までマルチを引っ張って、
ハウス全面をなるべく覆うようにしていた。
その頃から、トマトが枯れるようになっていた、
と気づきました。

マルチを使ってなかった昔も草だらけになって、
虫や病気が出て、決して良い出来ではなかったけど
今のように全部枯れてしまう、みたいには
なってなかったな。

アートテン農法の先輩の
安藤さんからのアドバイスは、
通路はマルチでなく防草シートなら水を通すので、蒸れるのがマシだろう、とのことでした。

ということで、さっそく通路のマルチを
少しはぎました。
暑いのも8月半ばまでなので迷ったけど。



3本のうち1本だけスイカが生き残ってる。



死んだと思っていたきゅうりも、
主人が下葉を全部落としてたら、



実をつけ始めた。



地這いに植えたきゅうりは元気に育ち、



採れ始めました。



ミニトマト、やっと赤くなり始めた。
今年はすごく遅いです。


夏野菜の不調の原因は
来年やってみないと正しかったかはわからない。
でも一筋の希望が出てきて
また来年も頑張ろう、って思えます。

その前にやっと色々と育ってきたり、
今頃植え替えしたり、、

最近の雨つづきに人参、ジャガイモも
まだ全部掘り出せずにいます。

なんかめちゃんこ忙しいのに
こんな長い記事書いたりしています。-_-b
さて、出動しよう。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ