天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

秋の収穫始まる



ポップコーンとバターナッツルゴサで
カオス状態になっている、家の前のハウス。
ポップコーンはだいたいできてて、
でもつい後回しになる作物。
後回しになると、虫が大発生すると言う事に。
今年はうちにしては早く採ってみた。



虫はまだ最初の感じ。
でもコーンの後片付けは結構な労働で
半分で根をあげて、後回しに。(p_-)



そして、バターナッツルゴサ🥜を発見。
全部を採ってみないと、
どれくらいできているのかは不明。
でもこちらは置くだけ置いておけるので放置。



そして今年は順調な小豆。



茶色く枯れてきてるものもあり1回目の収穫。
小豆は枯れてきたものから、
3回くらいに分けて収穫します。
義母曰く、湿気ている朝のうちに採る。
乾いていると、はぜて小豆がこぼれてしまうから。
なるほど〜。

結局は午後からになったけど
お天気が湿気ていたので、はぜずに採れました。
ただ小豆も結構な虫がついてて。
下手したら、乾かしているうちにやられる。
さて、どうしよう?

薬を使わない農業では、
とうもろこしも小豆も虫がつくトップクラス。
しかも乾燥、保存しているうちに
どんどん食べられてしまう。

私はもっぱら、10日ほど脱酸素して卵も殺す、
という作戦だけどコーンも小豆もまだ湿ってるし、
小豆は皮をむいて豆にするまでに時間がかかる。
余談だけど、昔は小豆はぴっちり一升瓶に入れて
保存していましたね。
小豆の呼吸で脱酸素状態になったのかな?

という事で考えて、
まずは乾燥機に50度で一晩かけてみました。
あとは出して冷まして、脱酸素袋に入れます。



今のもっぱらの仕事は
時間を見つけて、人参救出。



この中に、人参が、、
台風の3日間で、追い越された😢
25列くらい、あと残り半分以下です。



ハウスの次のサラダもしっかり芽が出た。
種まきは主人が上手。



そして私が間引く。
間を空けないと太く成長しません。
ひょろひょろになって、後で苦労する。

秋は何かと忙しいですが
昨日の夜は加子母の秋祭りの前夜祭。
うちの区が当番だったので見に行きました。
前回は10年前、子供達と神輿をひきました。
もう10年。
今年は主人と2人でただ見に行くというお気軽。



小雨の中で幻想的な獅子の宮入りでした。
秋祭りは豊作の感謝の祭り。
うちの稲刈りはまだ先ですが
生かされている事に感謝、
とても謙虚な気持ちになりました。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ