天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

考えすぎ

今日のブログに書こうとしていたこと。
それは、今回の次男のインフルエンザ騒ぎの中で
私が気になっていたこと。

「断捨離」の講義の案内が来た時
「行きたい!」と思ったけど、思い切りがつかなかった。
場所が、高山である事。
予定していた仕事は、時間的に間に合わない事。
一人で高山に行けるか、不安だった事、などなど。

ギリギリまで迷っていたら
その日に予定していた宅配の方からメール。
都合で「一日早く送って」と言うもの。
これは、私に行けと言っているな、と思った。

それで行くように準備を進めていると
一人でも行けそうな、分かりやすい場所だとわかった。
時間もいつも配達するスーパーから1時間。
その日もスーパーへの配達はしないといけなくて
そのまま向かうつもりだった。
前日、M子さんのところへ行ってその話になって
M子さんも行く事になった。

こうやって、とんとん拍子に進んでいくんだなあ、と思っていたら
当日の出発30分前に次男の発熱。
インフルエンザの疑い濃厚。
ってか、学級閉鎖になっているし、ほぼ確定。
主人に病院へ連れて行ってくれるように頼んだが
主人は必要ないと言って、連れて行く気は無い。

一体これはどういうこと?
勇気を持ってやめろということか?
子供と自分の事とどっちが大事か試されているの?

熱はあっても元気そうな次男をみて
帰って来てから連れて行ってもいいか、と結局は出かけた。
講義はとても良くて、行って良かったのだが、
でもずっと「行って良かったのだろうか?」と考えていた。
「すぐ病院へ連れて行ったら、次男はもっと早く良くなった」とか
「私ももっと楽だった」とか。

丁度同時期に、近くで同じ様な事が起こっている友人がいて
その友人も流れに乗って行動していたのに
私と同じ様に、どうする!?と突きつけられているようなことになり
なんでこうなるの?と思っていた。
流れに乗っていると、思い上がっていたのか?とか。

あとで「水星の逆行中」と知って
そのせいで、こういうことが起こるのだろうか、なんて考えていた。
(本当に良く考えている事!笑)

今日急にハヌルさんと共通の友人Fさんが来た。
Fさんは若い男性。
どっちかというと長男と次男の友人?(笑)
ちょっとした用事と、次男のお見舞いに来てくれた。
主人と長女、長男はおじいさんの稲刈りの手伝い中。

ハヌルさんとの雑談の中で「考えすぎ」と言われた。
「もともとは考えない人でしょう?」と。

言われて気がついたが
結婚が遅い事や、妊娠、出産出来るかとか、考えたことはなかったし、
妊娠しても高齢出産とかについて、考えたり心配したりした事は無かった。
そんなことは流れに任せるものだと思っていた。
主人が農業に転職すると言った時も
「ふーん」と人事で、「出来なかったら、やめればいいし」と思った。

「普通は心配するものです」と言われて、「あ、そうかー」って。
そういう人生の大きなことに関して、全く考えずに生きてきて
これからもきっとそうやってやってくので
小さな、どうでもいい事は考えない方がいい。
情報や周りに影響されてそうなっている。
もともと何かの出来事に意味を持たせても
ただの言葉遊びで、なんの意味も無い、と。

今回の事もたまたまその時に次男が発熱した。
そのことに大きな意味は無く
私のとった行動も、あとでどうのこうの考えても意味は無い。
「ただそのまま」「それだけのこと」

要らないところで膨大なエネルギーを使っていたなあ。
最近、理屈、こねくり回していたかも?
明日からのブログで、私らしさを思い出そう。

思いっきり待たせた「断捨離」の話。
明日はちゃんと書きますねー。
今日のことも私にとっては大きな「断捨離」かもしれない。
要らないものは捨てよう!







*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ