天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

状況は変わっていく

以前、センシティブ(霊能師)のハヌルさんが言っていた。

「辛い状況も、すごく幸せな状況も動かないことは無い。
3年したら、何か変わっています。ずっとどん底のままということは絶対に無い」と。

確かにそうだなー。

子供が小さい頃、
私も多くの若いお母さんと同じ様に
(私は若くはなかったけどー笑)
寝る、食べる、入浴するの3つが自分の思うように出来なくて
一体いつまでこれが続くのだろうか、と思っていた。

長女が産まれてから、長男と続き、
次男は2才で大体食べれるようになり
(1歳で自分で水筒からコップについで、お茶を飲んでいた!)
3歳くらいで1人で寝るようになり
4歳で1人で風呂に入るようになった。
と言っても全部、長男が一緒だからね。
一人っ子だとこうはいかないです。

だから私は10年くらいで
基本的欲求が満たされるようになり
産後太りも解消した。(ストレスだったんだね)

子供がかわいいのと、
自分の欲求が満たされないストレスは別物だった。

3人とも母乳で、これが又良く出て
飲ませていない時も絞っていた。
絞るとなおさら悪いと、後で知った。遅いよー。
あの乳搾りの時間を返して!と言いたい。(笑)

ほとんど寝てなくて、でも専業主婦時代は
たまには子供と昼寝をしていたので、なんとか、もった。

農業を始めては、夜寝てなくても昼寝は無し。
子供達もほとんど布団では昼寝をしてない。
車の中とか軽トラの荷台とか、アスファルトの上とか。

特に次男は産まれてから、何回布団で昼寝をしただろう?
いや家の中で寝たことはあっただろうか?
生後3日目から、収穫かごに入れて、畑に連れて行った。
今思えば笑えるなあ。
当時はこのままでは生活できないと必死だった。

その後も野菜がうまく出来ないことを主人に当たってみたり
経済的不安からどうしようもなく落ち込んだり
本当に色々と悩んできた。
そして農業生活10年経って、やっと心が吹っ切れてから
野菜も出来、当然経済的にも光が見えはじめて
主人ともお互いに思いやりを持てる様になった。
数ヶ月前まで全てが、最悪の状態だったのに。

何か問題や悩みがあるということは
いい事かもしれない。
何とかしようと必死になるし、悩む。
そして魂が成長する、んだと思う。

今悩みがある人。
悩みこそ幸いです。
なんてキリストの言葉みたいね。


*** COMMENT ***

「何か問題や悩みがあるということは
いい事かもしれない。
何とかしようと必死になるし、悩む。
そして魂が成長する、んだと思う。

今悩みがある人。
悩みこそ幸いです」

この言葉、最近リーディングで言われたばかりです。そのとおりです。よく悩んだり考えさせられる人や状況に感謝しなさいとも言われた。悩まないと、成長しなくてもいいもん。

仲良し家族さんと同時期に私も苦しかったですが、お互いいい感じに進めてますね。うれしい。

Re: タイトルなし

本当に海マナさんとリンクしていますね!

そう!いやな人や事に感謝です。
最近けっこうそれが出来ていたのです。
心から感謝とまではいかなくても、そう理解できていた。

そういういやな役をしてくれるのは、
魂がより親しい人だそうですね。
そうしないと悪役は頼みにくいから。

お互いに、一緒に進んで行きましょう!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ