天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

みんな繋がっている

毎日少しづつ写真を載せて、、
と思っていたけれど、振り回されるので思ったことが書きにくい。

書きながら書いている私。
つまり何も考えてなくて書き始め
書きながらまとまっていく感じ。(まとまってない!?ー笑)
だから写真の用意が無いのでした。
撮った写真に合わせて書く、と言う事が苦手みたい。

何日も前からほうれん草を採るたびに思っていた。

映画「1/4の奇跡」の話を以前も書いたと思うけど
埼玉であった嵐山志帥塾でも山本加津子さんの話を聞いたし
本も何冊か読んだ。
加津子さんの般若心経の解釈なんてすごいよ!ぶっ飛び!
(この本です。)


加津子さんは養護学校の先生で
障害児を通して、宇宙のきまりを理解している。
その中のある話で、1/4の障害(この場合は血液の異常)を持った人がいるから
残りの3/4の人が存在すると言う事が科学的に証明されたとあった。
だから皆が必要で、お互いのおかげでお互いが存在できていると言う話。


多くの事があって
私もやっと虫や野獣や色んな生き物がみんな必要で
それで野菜も生きていると思えるようになった。
野菜は鳥の声を聞かないと成長しないと聞いたり
私の知らないところできっと作用しあっているんだな。

話をほうれん草に戻すと
今回の西洋ほうれん草はある程度成長したところで
草が伸びてきて、草に埋もれてしまった。
丁度寒くなってきて、そのままだと何度も凍ったはずが
草の中なので、いつも元気でピンピンしていた。
こういうとき、暑かったら、草の水分が多い中で
蒸れてだめになるのだが、
秋の日ざしはやわららかくて
良く晴れた日もほうれん草が傷むことはなかった。

IMG_0240.jpg

あら、主人が写真を載せてくれてるわ。
この中にほうれん草があります。葉っぱが2枚見えてるね。
分かるかな?
「草」のおかげで、ほうれん草は生きられた。

志帥塾で出合ったある方は、鶏卵場を経営していた。
何とはない話の中で、その方の地域は何年か前に
鳥インフルエンザで大打撃を受けた鶏卵場が沢山出た。
その方のところはインフルエンザにかからず
どうしてかと思ったら、普段からカラスが多くて悩んでいたそうだ。
でもそのカラスのおかげで、野鳥が来なかった。

「カラス」がいたからインフルエンザが入ってこなかった。

こんなふうに簡単に因果関係がわかるものではなくても
もっと複雑に、人間のわからないところで
深く繋がっていると思うようになった。

山本加津子さんは障害児を通して
私は野菜を通して、同じことを学んでいると思う。
宇宙の決まり、真実。

ところで、その西洋ほうれん草も採りつくし
また初めの日本ほうれん草の残りが成長したものを採り
それも、とうとう終わってしまった。

後はハウスのものになりますが今2センチくらい!
今からのほうれん草は成長に時間がかかります。
でも、その分、とても甘くなります。

IMG_0234.jpg

あら、ここにも写真が!なんで?(笑)
ハウスの中のほうれん草です。









*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ