天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

後悔

さてこれは何でしょう?

IMG_1754.jpg

鼻血?

絵の具?

いえいえ、違います。


数日前に義母が、1つぶ300円するといういちごをくれました。
その「種」を取っている次男です。
どうするって?

植えるんです、、、。(!)

うちではこのように食べたもので美味しい物は
とりあえず種を取り、植えるという習慣が。
一人一粒づつだったので、
こうやって種を取ると食べた気がしなかったでしょうね(笑)

でも、いちごは育つ可能性あり。(かなり怪しいけど)
まずは春までに、この種が行方不明にならないか?です。(笑)

果物などの樹木は「種」から育ったものは「子」ではないそうなので
全然違うものになります。
枝から挿し木で育てるんだとか。

以前食べた種から育った柿とかりんはもう実が採れています。
しかし柿はちょっと、、どうしようと言った感じの味です。
甘でも渋でもない。今年干してみましたがさてさて。
今更簡単には抜けないくらいに、4本育ちました。
どうしよう?
かりんは良い感じです。

子供にしてみれば面白いですね。
こういう環境は私も楽しいです。

本当は梅が欲しい。
でも13年だそうです。
今から13年、、?

で、足踏み中。
ああ最初から植えていたら、もう11年だったのに。
こういうのは後の祭りと言うのかな?
それとも後悔先に立たず?

*** COMMENT ***

No title

梅の木、良いですよね~。
私も植えたい。
あと、ポポの実のきも。柿もほしい。
こちらでは、梅が手に入らないので余計にほしい。

ティッシュの上に、種をとる方法はイギリスと同じです。
トマトとかも、どろどろの種をティッシュの上において乾燥させて、春にそのティッシュごと土に植える。ちゃんと育つし。
私の彼も、おいしいと種を保存します。
いい習慣。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに良い習慣

ヨーロッパの人は「種」って大事にしていますよね!
人間には作り出せないものだから、かな?
うん、何でも植えてみよう!

ところでティッシュごとって知らなかった!
なるほどー!です。
ありがとう、良い事聞きました。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ