天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

本当の気持ちを言葉に表す

ずっと昔、長女が一歳頃から(当時は東京で専業主婦でした)
七田の右脳教室に一年半くらい?通っていた。
主人の希望で。

主人の「どれだけいいか」という説明を聞いて、説得されて
私は当時ほとんど自己主張と言うものが無かったし
体験へ行ったら結構面白くて
社宅の仲良しさんを二人誘って、通い始めた。

社宅で子供と二人で過ごしていると
近所へ買い物へ行くくらいで、出かけることも無く
地下鉄に乗っていく週に1回の教室は
重荷でもあったが、3組の母子で行くので楽しくもあった。

何が良かったか?って
当時の先生が30代後半の元銀行員の男性の先生で
教室が終わってから、育児の悩みに答えてくれたり、
親への話があるのが、目からうろこだった。
その話が楽しみで、通っていたようなものだった。
先生のおかげでどれほど助けられたか。

そのひとつに、今でも思い出す話がある。

子供が危ない事をしようとする時、
例えば高いところへ登りたいとか
そういう場合によく母親が発する言葉。

「危ないよ!落ちても知らんよ!」

これは子供を心配しているのではなく、自分を守る言葉。
落ちても自分に非は無いという予防策。

子供を心配している気持ちを表現するなら
「気をつけて」(落ちてもお母さんがいるよ)という言葉。
そして親の愛を信じれる子供は
決して自分を傷つける行為はしない、と。

ここで注意は、二人目が出来ていたりして
上の子が自分に注意を引きつけたい時は
危ない事をするので気をつけてやって下さい。

そしてどうしても心配でやめて欲しい時は
「あなたに怪我をして欲しくないから、お母さんはやめて欲しい」
というのを伝えるのが、正しい表現。

これを聞いてからしばらくは、簡単に長女に話せなくなった!(笑)
うその言葉ばかり話していた、と気づいた。
相手を非難し、自分を保全することばかり。

他にも、言葉は力を持つ。
寒い日に、子供が上着を着ずに外へ行った時に
「(上着も着ずに)寒いから、風邪引くよ!」というと
その通り、子供は風邪を引く。
これを「寒かったら、上着を着てね」と言えばいい。
寒いか、寒くないか、は子供が決めること。
自分の感情も「上着も着ないで!」と、揺れ動く必要は無い。

似ているけど、上の二つの言葉のもつ意味は全然違う。
最初の言葉は「言う通りにしないと、こうなってしまうよ」という脅迫。
次の言葉は「寒い時はどうしたらいいか」を教える言葉。
「ほうら、やっぱり寒かったでしょ!?」なんていう必要は無いんだ。(笑)

今でも、「自分は本当は何を言いたいのか」を考える時があります。
勿論忘れてしまって、感情に任せる時も多いけど
又思い出して反省し「本当の気持ちを表そう」と思います。
良い気持ちだけでなく、いやな気持ちも全部、その通りに表したい。


さて写真がないと寂しいので(笑)

IMG_1905.jpg
主人は夏野菜(ピーマン、トマト、なす)の種を撒きました。
水に浸して、数日コタツに入れて発芽させて
まみさんに教えてもらったようにテイッシュも一緒に!
玄関の発泡スチロールにガラスのふたをかぶせて、さて芽が出るかな?


IMG_1930.jpg
毎日遊んでいる次男の友人、S士君がバナナ持参でやってきました。
まぶたを裏返して遊んでいる二人。ぶっ!
ゲームボーイ達ですが、こういうこともやっています(笑)

IMG_1931.jpg
今日の夕食は、
野菜たっぷりのごく普通の市販ルーのシチューと、きのこの軸の唐揚げ。
これは「もりのいえ」さんに教えてもらった最近のヒット作。
きのこ農家が処分に困っているしいたけの軸を
しょうが、にんにくのすりおろしと醤油を揉みこんで下味をつけて
粉を振って、油で揚げる。

つまみに最高!
うちは普段はアルコールを飲まないので、
そのままではちょっと味が濃い感じ。酒で味を薄めます。
胡椒を山ほどかけてのバージョンも、大人には美味しい。

そのうちきのこ農家さんから
棄てる軸を買ってもいいな、と思っています。
今度会ったら聞いてみよう。

IMG_1933.jpg
いつもタヌちゃんばかりが登場するのでたまには私も。
「ニャーニャー」と「何かちょうだい!」を連発していましたが
カメラを向けるとうつむいた菊丸ちゃん(笑)
最近は「一人で寝れるようになった」と長女に褒められていました。
でも毎朝4時に「外へ出して!」と言いにくるのはやめてください。

お母さんのミクちゃんは、この寒いのに外で遊びほうけています。





*** COMMENT ***

No title

私がかつて子供だった頃、オトナ達が発する大嫌いな言葉がたくさんあった。そして「オトナ」達が大っキライだった。自分がその「オトナ」になるのがイヤだった。そして「オトナ」と言われる年になった今、自分が大っキライだった「オトナ」にならないように生きたいと思うのです。ヤスコさん、私にはヤスコさんのお話、いつもキモチガイイです☆

七田の大人バージョン(イプラスジム)に行き出してかれこれ7~8年になる(中数年は貧乏生活だったので休会)(笑)
右脳は開花してないが(笑)人との生活に小さい頃からギャップを感じて居る私には本当に心地の良い場所と人達です
少しリーリングや昔からの深い繋りなど感じつつ有るので楽しいです

言葉(言魂)って本当に大切ですねっ
相手の事を大切に思って丁寧な話かたや行動したいです

わかりやすい!!!

言葉と心の本質ですね^^
私も自分の保身のための言葉が多いと反省です☆

No title

自分を守る言葉、よく使ってしまっています。
「気をつけてね~」と言い方は優しいものの、落ちたらどうするんよ?!って心中です。ううぅ。。。
自分でもよく育児において「自分って口だけだよな~」と反省すること多いです↓↓
とても勉強になりました。
優しく注意するだけじゃだめですね^^;

私のブログアドレスはまだお伝えしていません^^
教えるほどのものでなく、ほとんど更新していないので・・・・。
もう少し更新頻度を上げた時にお知らせさせてください^^;
1月はまだ1回しか更新してませぬ><

moriさんへ

> 私にはヤスコさんのお話、いつもキモチガイイです☆

そう言って貰えるとありがたいですが
私もmoriさんが、嫌いだった大人と同じです。(反省)

みんなが気づいて、幸せな子供達が増えると良いです。
今、多くの人が気づいてきている気がするので
伝えていきましょう!
分かってない事もまだまだ沢山あるので教えて下さいね。
みんなで学んで変わって生きたいです。

佳古さんへ

七田は面白いですね。

でも結局は人間対人間。
その先生が私に合っていて
たまに先生が他の人だったら全くつまらなかった。

こっちへ越してきた時にも近くに七田が無いか捜しましたが
結局は自然の中にいることが
右脳を活性化させるので、要らないんだ!ッて言う結論に。
通うだけの経済力が無かったのが一番の理由ですが(笑)

みんなが心を開いて「愛」を通わせるには
「嫌いな人」や「嫌いな事」をなくすことでは無いか、と思っています。
究極は「嫌いな人」は「自分」であるということ。
オポノポノの考え方ですね。
また詳しく話しましょう。

大人の七田のことも教えて下さい。
いつもありがとう!


Re: わかりやすい!!!

> 言葉と心の本質ですね^^
> 私も自分の保身のための言葉が多いと反省です☆

聞くと「なるほど!」って思います。
なんでこういう言い方、考え方が主流になったんでしょう?

親や大人も元は愛しているからこその言葉、だと思うんですが。
そう言われて育った子供はたいてい同じ事を言うようになります。
私もなんの疑問も無く、そうでした。

子供にそう言っている自分は
なぜか苦しかったけれど理由はわからなかった。
今なら本当の気持ちを表せず、
感情も動きまくっていたからだとわかります。

こうやって自分に気づいていくことこそが
生きることかもしれませんね。
そうなると要らないものを身に着けることも必要か、と。
身に着けていないと、はずすことも出来ないので!(笑)

本当に不必要な物や事はありません。

マメコさんへ

> 自分を守る言葉、よく使ってしまっています。
> 「気をつけてね~」と言い方は優しいものの、落ちたらどうするんよ?!って心中です。

ははは!わかるわかる!

でも落ちてもいいんですよ。
「ほら!危ないでしょう!」って言うよりも
「痛かったね」と言えばいいんです。
後は泣いてても、泣き止むまで、抱きしめるだけでいいんです。
子供には貴重な体験で、学びです。
あ、落ちるぞ落ちるぞ、、と思っていたら本当に落ちますから!(爆)

大怪我しそうなところでは
「あなたが怪我したらお母さんは悲しいのでやめて」と頼みます。
怒る必要は何処にもないです。
育児は本当に自分育ての育自ですよねー。しみじみ。

> 私のブログアドレスはまだお伝えしていません^^

あらー、そうでしたか。
では誰のアドレスだったのか、、がーん!

そう言わずに教えて下さいな。
リンクしましょう!友達の輪!(古いなあ)

No title

「教えてください」なんて、まさかまさか!私なんて自分のことがやっとわかって来たところです。自分や他人が発した言動に心が痛む時「この気持ちはどうしてかな?」と考えてみるとその時にイヤーな気持ちになった理由があって(相手にあるのではなくて、自分のその感情のモトを知るという意味で)。そのそれぞれのイヤーな時の理由には共通点があることがわかって。生きて行く上で大事なことは本当はとってもシンプルで、オトナよりコドモの方が正しいこと本当はいっぱい。オトナはいつのまにかアタマで生きる生き物になっちゃって、誰が決めたかわからない“オトナノツゴウ”に自分で自分をがんじがらめにしちゃう。でも、オトナにもココロ(感情)はちゃんとあって。オトナはみんなコドモだったのにね。そんなふうにそんなふうに。ヒヨッコです。生まれて還るまでずっとヒヨッコですよー。…オトナにならずにヒヨッコでいたいのかも…?
それと。いいんです。ヤスコさんのお話、好きなんです。「どうしてかな?」ですね(笑)理由、考えてみまーす。

No title

それと。子供だけでなく大人もシアワセじゃなきゃいけません!
(いくつも失礼いたしました)

No title

盛岡のにあーです。今日お野菜届きました☆
久々にブログを覗かせていただいたら、
今日私がやっていたことのお話そのままでした。。(悪いほうの・・・・)

長男は3歳。何事にも逆らってみたいのか、何でも試してみたいのか、
上着も着ないで雪のちらつく中、散歩をしました。

私はプリプリ怒って、自分でも「滑稽だな、どうしよう」と思いつつ、
でも気持ちの整理をつけられず、イライラした夕方でした。

そして、その後テーブルに乗っていました。。。

今日、ヤスコさんのお話を伺えて本当に救われました。
ありがとうございます。
PC触れるときはまた来ます。


あ、ちなみに、こちらは桃の節句も端午の節句も新暦どおりなのですよ。
都会ぶっちゃって(笑)
旧暦で古いお雛様を飾る展示会@旧家があるのですけどね。
(こんなところにお返事書いてごめんなさい)

moriさんへ

> それと。子供だけでなく大人もシアワセじゃなきゃいけません!

本当に!まずは大人からだ!

moriさん、きちんと内観されているんですね。
みんなが内観出来るようになったら
いたずらに回りも自分も傷つけなくてもよくならないかなあ、なんて思います。

って、私も自分に都合の悪い事は
なかなか自分の中に原因を見つけられないです(汗)
ただ、「全ては自分の中に」というのは
宇宙の真理のようで、変えられませんね。
観念するしかないようです。

いつもコメント嬉しいです。ありがとう。

にあーさんへ

> 長男は3歳。何事にも逆らってみたいのか、何でも試してみたいのか、
> 上着も着ないで雪のちらつく中、散歩をしました。

げげ!「魔の3歳児!」ですね!
それはお母さんは試されます。(笑)
成長のチャンスですよ!ふふふ。(完全に人事ー爆)

> あ、ちなみに、こちらは桃の節句も端午の節句も新暦どおりなのですよ。
> 都会ぶっちゃって(笑)

えーっ!負けた、、。
同じ田舎だと思っていました。

コメントありがとう!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ