天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

大安

IMG_2227.jpg
玄関開けると正面が
このインドネシアから持ってきた、いや、送った像。
歓迎の意味があります。

日本は乾燥する時期があって、すごい亀裂が走っています。
いつかパッカリ割れるのだろうか?
水につけたらどうだろう?(すごく重い!)

akemiさん、これではっきり見れた?(笑)

IMG_2226.jpg
同じく玄関入ってすぐ、番をしている2匹。
最近はタヌも普通にいたりしますが
夜は暖かくなってきたので、うちで寝ることはなくなりました。

IMG_2225.jpg
もう1匹は水が流れるのを見るのが大好き。
お風呂の水を流す音がすると、すっ飛んできて見ています。
小さい頃はよくお風呂に入れたけど
今はミクパンチが飛んでくるのが怖くて入れません。

IMG_2231.jpg
今日は日が良いのでやっとお雛様を出しました。
そう、大安でした。
田舎はこの「日」で動きます。
私には新鮮だった!

そして「今頃出す?」と思うかもしれませんが
この地域では、4月3日がひな祭りです。
思うに本来は寒くて雪が積もっている3月3日は
まだ祭りが出来る感じではなかったんじゃあないか?
桃の花なんて絶対に間に合わないし。
(梅もまだです)

でも最近の3月3日は雪も無いし、暖かい。
今日は朝0度、日中は15度でした!


最近ちょっと気付いたことがありました。

岡田多母さんという地球の創造期からの記憶を持っている方がいて
今でも宇宙の様子をリサーチして、ブログで知らせてくれるのですが
(つまり私とは次元の違う方ですー笑)
その私とほぼ同世代の多母さんの長男さんが25歳の若さで
2月の上旬に亡くなりました。

ブログで報告されたのを読んだだけで
詳しい状況はわかりません。
もうそのあとの多母さんの多くを語らない文章が
母親の悲しみを表していて、とても辛かった。
夫婦と3人の男の子さんはとても仲の良い家族でした。

と同時に多母さんほどの方でも
こういう人間として、母としての試練を受けるのだと
愕然としました。

そして思い出したのは
3年ほど前、日本フィンドホーンと言われている
女神山ライフセンターと言う所へ行った事があります。
オーラソーマの友人、勝子が上級の研修を受けるのに宿泊していて
迎えに行って、普段は絶対に入れないそこへ
幸運にも主人と二人入れてもらえて
そこの奥さんと話すことが出来ました。

彼らはかなり高いレベルの人
みんなを引っ張りあげていく人
ということはすぐにわかりましたが、
話してみると、私達と同じ様に、悩み苦しみがあると知りました。
お金の苦労もされていて
ただ金額が、当時私は1000円レベルで苦しんでいましたが
彼らは何千万で苦しんでいました。
「あーレベルが高くなったら
より高いハードルを飛ぶのか」って思いました。
ちょっとショックでした。

アセンションとか次元上昇とか言われていて
近々大きく何かが変わると言われています。
そして一時の試練を経て
とても良い世の中になると言われています。

私はきっと天国のように良い事だらけ、
悩みも何も無い世界がくるんだ、って思っていましたが
どうもそうではないみたい。

長くなりそうなので、続きは又明日にします。










*** COMMENT ***

No title

雛人形良いですね~。
日本はこういう行事があるから好き。

天国のような地球に暮らしたいです。
でもこれからも災害がいっぱい続くみたいですね。
いったいどうなるんでしょう?

すっきり!

しっかり・はっきり見れてよかった!!!
木でできているんですねーー!!!

岡田多母さん、私もお名前だけは存じ上げてました。

いつの時代を生きていても悲しみは同じなんでしょうね。ただその悲しみの消化に違いがあるのでしょうか??

mamiさんへ

> 雛人形良いですね~。

東京の社宅時代に「一番小さいの!」と念を押して、
義父母に買ってもらいました。
それでこの大きさ!(けっこう大きい)
田舎へ帰って来て納得。どの家も7段飾り!
これで良かった、、。(毎年の出し入れが大変!)

> 天国のような地球に暮らしたいです。
> でもこれからも災害がいっぱい続くみたいですね。
> いったいどうなるんでしょう?

本当にそう思います。
大きな災害はこれからももっと頻発しそうですね。

akemiさんへ

> しっかり・はっきり見れてよかった!!!

すっきりしてよかった(笑)

> 岡田多母さん、私もお名前だけは存じ上げてました。
> いつの時代を生きていても悲しみは同じなんでしょうね。ただその悲しみの消化に違いがあるのでしょうか??

そうなんだと思います。
それと「実際に体感する事が目的なのかなー?」と思っています。
いや、目的とかでなくて、ただ経験するだけ。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ