天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

さつまいも堀り

IMG_4344.jpg
夕方、今日の目的の畑へ行こうとしたら、、
ん?視線??

IMG_4345.jpg
隠れるの上手な菊丸でした。(笑)

IMG_4347.jpg
目的はこれ!
「さつまいも」です。

さつまいもは植えてから3ヶ月で採り頃。
私の頭の中では7月中旬に植えたと思っていました。
昨日、記録を確認したら、6月20日頃!
あら、採り頃過ぎている、、。

こういう保存の物は、
少し早めに採るくらいが丁度いい気がしています。
熟しすぎると、保存が悪くなるというか。
焦って昨日試し堀りをしてみたら
とってもいいさつまいもがごろごろ。

最近うちの葉っぱの畑では毎晩イノシシが歩き回っています。
大きな悪さはしていないのですが
かなり大型のイノシシなので
歩いて踏んだ葉っぱは全部ダメになります。
これくらいですんでいるので、お願いを聞いてくれたんだなあ。ありがと!

でも、これが昨日の試し掘りのさつまいもの匂いに気づくと大変。
畑は100メートルくらい?離れていますが、
さつまいもや隣のサトイモは、イノシシの大好物なんです。
昨夜はイノシシが気づかないかどうかハラハラ。

本当は明日からが根菜の日なんですが
昨日の朝、今朝と2度になって
さつまいもは寒さに弱くて(10度くらいで掘った方がいい)
イノシシの心配と気温の両方あって
果菜の今日、あわてて掘りました。
果菜の日も、保存にはまあまあの日です。

さつまいもは芋を掘るより、葉っぱを取り除く方が大変!

IMG_4348.jpg
そして芋自体は、最初に植えた畝にしかないのです。
気づいていましたか?

葉っぱが広く茂るのですが
葉っぱはあくまで芋を育てるためのもので
葉っぱの先には芋は付かないのです。

最初に植えた苗の節のところにしか付かない。
だからまずは葉っぱを取り除き、畝を堀るだけです。

IMG_4349.jpg
葉っぱを取り除いたら、向こう側から掘っていきます。
だってかごに入れながらこっちへきたほうが
無駄な労力が減るでしょ?
こっちからあっちへ向かうと
一杯になったカゴを抱えて、又戻ってこなくてはいけない。
こんな重いものは、なるべく運ばなくて良いように考える。
それが農業だと思っています。

IMG_4351.jpg
さつまいもの葉っぱ!!
2列100本分の量。

IMG_4350.jpg
昨日の試し堀りもカゴに一杯あったので
全部で8カゴ。
1カゴ15キロ。全部で120キロ。
(思ったよりも少ないなあ。1トンくらい掘った気分ー笑)
ふふ、一人で2時間でやったぞ!
豊作で、こんな楽しい事、人にはさせてやらない。(爆)

さつまいもがすぐ宅配に入るわけでは無いです。
さつまいもは3週間くらい寝かせて
でんぷんが糖に変わると甘くなる。
掘りたては甘くない。

IMG_4346.jpg
最初の頃の写真覚えていますか?
こんなに大きくなったサトイモ。
こっちは掘りながら、宅配に入れています。

イノシシ君が来ても、まあ仕方ないか。
今年のサトイモはすごく太くてしっかりしているので
(実はあまり大きくないかも~)
全部は食べないだろう。お願いしまーす!











*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ