天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

チリも積もれば山となる

IMG_5427.jpg
やっと有機の黒豆が手に入ったので、
皆さんお待ちかねの黒豆おこわを作ってみた。
昨年まで炊飯器で炊いていたので、
たまにべっちゃりすることがあり
今年は餅つき機の蒸し機能でやってみた。

が、黒豆ももち米も硬くて、甘みが少ない感じ。
蒸し機能なので、時間調節はしにくい。

IMG_5439.jpg
で、2日目の今日は昨年と同じ様に炊飯器で炊いてみた。
こっちの方が黒豆が大きく膨らむし、甘みが出る感じ。
有機黒豆、有機高山餅(もち米)、自然塩(キパワーソルト)です。
2月の宅配に入れます。

IMG_5441.jpg
雪だらけの離れたハウスには
いつも動物の足跡があった。
今日はこの子がハウスの奥のほうからすたすたと歩いてきた。
どこの子かな?
ハウスのねずみでも取ってくれていたのかも。
カメラを向けるとポーズ!(笑)

IMG_5444.jpg
今までは寒すぎて、
収穫をしていた3つのハウス以外は覗く気もしなかった。
今日他のを覗いて見たら、少しは葉っぱが育っていた。
葉っぱは3センチくらい。
モグラも出ている。

IMG_5449.jpg
これはずっと収穫中のほうれん草のハウス。
4列のうねのうち両端の2列は人参が出ているので
草を取りながら、ほうれん草を収穫した。
真ん中の2列は、人参の芽がほとんど出てないので
草取りは大変だし、ほうれん草だけを収穫して、草は放置した。

IMG_5447.jpg
これが両端のうねのほうれん草。
草を取りながら、大きいほうれん草は収穫して
小さいほうれん草は残しておいたら、これくらいに成長。
新しい草も又はえてきている。

IMG_5448.jpg
これが、草を放置した両端のうね。
こんなに違うんだ!
小さくて残ったほうれん草は見えなくなった。

こつこつやると、最後は大きく違ってくる。










*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ