天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

雛祭りと六条大麦

午後から久しぶりに掃除をして、お雛様を出しました。
毎年書いているけれど、加子母のひな祭りは4月3日。
例年3月はまだ寒くて、ひな祭りって感じじゃあないからかな?
でも最近は3月も4月も、2回やります。
で、雨も降っていないし、大安だし(こういうの、田舎では大事)あわてて出した。

IMG_5691.jpg
1年ぶりですね。(当たり前だ)

IMG_5692.jpg
長崎から毎年送って下さる「桃カステラ」
華やかで、とても嬉しい。
これを飾りたいがために、お雛様を出したって感じ。
夕食後、いただきました♪
ご馳走様でした。

IMG_5689.jpg
昨日の写真。山は雪です。
昨日は雪も舞いました。
今日の山は真っ白です。この山の隣が、御岳。
先日からの地震の震源地です。意外と近いです。もう治まりました

IMG_5684.jpg
昨日主人は大麦を何とかしようといろいろ調べていました。
義母やおじさん(長老)に聞いたら
昔は麦飯が普通で、3割混ぜて食べていた、とわかった。
大麦を皮を剥き(水車でついていた)、鍋で軟らかく煮て
それを米を炊く時に混ぜて食べていた。
煮た物は3日くらいはもったそうだ。

そこで、まずは皮を剥くこと。
玄関に居座っている循環式精米機が役に立つ。
麦の皮は硬いので、かなり抵抗をかけて、2時間くらいかける。

IMG_5678.jpg
少し皮が残っているけど、良い感じ。
市販の押し麦は、これを蒸して、つぶして、乾燥させたもの。
今のところそれは出来ない。

IMG_5679.jpg
いろいろやってみたい主人は粉にしてみた。
グルテン0だそうだ。

水を加えて丸めて、しばし休ませて、伸ばして、、。

IMG_5685.jpg
茹でて、なにやら作っている。

IMG_5686.jpg
つゆに入れた、大麦団子。
米粉に近いかな?
主人ひとり美味しいと食べていた。
他の家族も「まあ、あり」と言いながら、そんなに好んでは食べない。
食糧難がきたら、美味しく食べるだろう。

IMG_5690_1.jpg
昨日の夕飯は麦ご飯。
煮た麦を入れて、ご飯を炊いてみた。
水加減がわからないので、ちょっと水っぽくできた。
主人 美味しい。
私  健康にいいかな?
長女 まあ、良いんじゃあない?
長男、次男→食べない。

その後も主人が調べてみたら
昭和天皇は2割混ぜた麦ご飯を常食にしていた、とか
刑務所では今でも麦飯なので
糖尿病の人がかなりの率でインシュリン不要になったり
糖尿病には効果があることが報告されている。
お米よりも水溶性繊維が多く、ビタミン、ミネラルも多いので
勿論ダイエットにも良い。
健康に良いことは間違いないようだ。

小麦と違って、大麦は作りやすい。
と言うのも、梅雨の前に実るので、収穫や保管がしやすい。
難点は、殻が固いこと。
今後の食糧難や健康管理にはもってこいだ。

明日、粒の大麦をご飯に混ぜて炊いてみて
OKなら、さっそく宅配に入れまーす!
大麦を売ろう♪

ついでに言うと、昔は小麦も当然作っていたが
農協が製粉機を持っていて
小麦を持っていくと、うどんと交換してくれていたそうだ。
菜種も持っていくと、油に絞ってくれていた。
そんな農協が今もあって欲しい。復活しないかな?
お米、麦、そば、菜種、作物は誰でも作れる。
それを食べられるようにするのが、大変です。






*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kotaさんへ

コメントありがとうございます。
さて、今回久しぶりに以前の記事を読んで、
すっかり忘れていて、びっくり@@笑

大麦は今も作っています。
一度全滅して、また数粒からスタートして
今年はやっと昨年蒔いた残りが少し、
20キロくらいですが出たのでこれから食べます。
今年の夏の収穫は多い予定。

押し麦は一農家で作るのは大変なので、
大麦の粒のまま、ご飯に入れて炊く、
と言う風に使っています。
必ずお米と一緒に一晩水につけてからです。

おばあさんは麦だけを別に圧力鍋で柔らかく炊いて
自分の食べるご飯に足したりしていましたが
私はつぶつぶした硬さが好きなので
普通に炊飯器で、水もあまり増やしません。

皮は循環式精米機100Vで剥いています。
循環式精米機は大きいので場所は取りますが
リサイクルで見つけて1万円でした。
元々はお米をもみから精米できる物ですが
加減が難しく、一定に出来にくいので
お米はお米用の精米機を使い
循環式はお米のゴミ取りや
麦のごみ取り、大麦の皮取りに使っています。
薄皮が残るくらいに挽きます。硬い方が好きなので❤️

主人が言うには、麦専用の精麦機もあるそうですので
押し麦を作りたいなら
そっちの方がいいのかな?






コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ