天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

追弔御和讃(ついちょうごわさん)

今日は九州旅行の続きで
本耶馬溪、宇佐神宮の話の予定でしたが
久しぶりに、お地蔵様の和讃に行ってきて、遅くなったので、簡単にします。

和讃の会は、80歳以上のお年寄りが多いので
冬の間は、夜の冷え込みは半端無いので、昼の13時からやる。
だから今年に入って、毎日宅配があり、
(宅配の無い日は授業参観とか、行事)
ずーーっと行けなかった。

暖かくなって、やっと4月から、夜の20時からに戻った。
暇ではないけれど
たまには、般若心経を唱えたいので、がんばって行ってきました。

和讃では、世間で何かあると
それに合わせた、追悼の唄を詠う。
今日は、明日で地震1ヶ月というので
「追弔御和讃」を詠ってきました。

小さな集まりだけど、きっとこうやって
あちこちで、追弔の会が開かれていると思います。

今日お天気が良くて暖かくて
久しぶりに、自分で野菜たちに水をやって、なんだか嬉しかった。
自分が嬉しくて元気だと、力が出ますね。
それを飛ばすと、きっとそこも元気が出るはず。
生かされている私は、元気でいようと思いました。
小さいけれど、それが現状を変える力になるはず!

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ