天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

決めたら流れ出す

昨日主人のいとこが来て、倉庫の部屋の壁用の材料をくれた。
彼は名古屋の工務店の社長。
主人と仲のいいいとこで、この家を建てる時にも
要らないと言う材料を沢山もらって、とっても助かった。
主人と一緒に昼食。

そのあと久しぶりにシェフが来た。
まだ仕事の途中と言う事で、ちょっと寄って、大麦を買いに来た。
おみやげはここいらで有名な「パストールカレー」(シェフが作った)
シェフのおかげで、私たちはよく食べている。
これは後日の夕食に。みんな大好き!

IMG_7187.jpg
その後、友人がおみやげにカニをくれた。
夕食に、さっそくつつく、長男次男。
さわらの刺身用もくれて、塩で焼いて、とても美味しかった。

IMG_7188.jpg
急いで夕食中に、おばあさんから五平餅とポテトサラダが来た。
あ、写真!と思った時にはもう残り1本。
おばあさん、手作りの五平餅。
だんごを1個づつ重さを量ったことがある。
まったく同じで驚いた!

どうして急いで夕食を食べていたかと言うと、、、

IMG_7191.jpg
家族でここに出かけた。さて、どこでしょう?



IMG_7195.jpg
ボーリング!!

なんで?というと、午後主人が突然「ボーリングに行こう」と言い出した。
私は「えー、なんで?あまりお金もない」と思ったけれど、聞くと
「ボーリングは親が連れて行かないと、経験は出来ない」と、気づいた、そうだ。
なるほどー。

「生まれて1回も行った事がない!」と長男、次男。
そりゃ、そうだ。連れて行っていないから。
唯一、長女だけは、1?2年の頃の子供会行事で行った。
その時に「お父さんはそんなもん、行かんでいい、と最後まで反対した」事を
しっかり覚えているそうだ。
昔は、テレビ、漫画、ゲームは一切なし。
「全て家族で行動」というがんじがらめの我が家でした。
長女が3年生頃から、少しづつ変わった。その後、6年かかって今になった。
全て自由の今とは想像もつかない。(笑)
まあ、姉ちゃん、お父さんも成長しているので、許してね。

「じゃあ、行こう」と決心したら面白いもので
野菜や大麦のお金とかが入ってきて、安心して行ける額になった。
要は、「決める」ことだけ。
考えたら、夕食もいろいろ来て、すぐ食べて行けたし。

スコアはひどいものでした。
初めてだからね!(私は昔はやったのに、ひどかったー汗)
次男は6月の誕生日にもう一度来ると宣言!

IMG_7202.jpg
ボールが重くて、手が痛くて、きっと明日(今日の事)は、ひどいだろうと
ピラミッドのしゃもじで叩いておいた。
おかげで、何の痛みもなく、目覚めた。

しゃもじに興味がある人が多いようなので写真を載せます。
ピラミッドのついていないほうで、軽く叩く。
上半身は腕の付け根(リンパ)と手のひら。
下半身はそけい部と足の裏。気の流れ道。
そして痛いところを叩く。

柄の長いのは、身体障害の出た方とかで、足の裏とかを叩きやすいようになっている。
普通の人は下のほうが使いやすい。

IMG_7198.jpg
今朝はカニを食べたあとの恒例、カニの味噌汁。
殻をゆでて、だしをとる。
身は入っていないけれど、カニの風味がプンプン。

IMG_7201.jpg
カモミールが茂って、手に負えなくなってきた。
左半分採って、時間もかかるし、もういやになった。

IMG_7200.jpg
右のざるが、今日採った分。
左は乾燥中。

IMG_7199.jpg
切って花に飾ったら、その分採らなくていい、って馬鹿な考え。
きれいだし、いいか。







*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ