天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

あきしまささげ



あきしまささげが採れ始めました。
ささげの中では一番コクがあって
お客さんにも好評のささげです。
紫色の縞模様で
冷え込むようになると紫が濃くなる。
茹でると鮮やかな緑色になり
「湯上り美人」って呼ばれています。

今までで、一番順調に成長、収穫。
順調とは、一番手がかからなかった、って事。笑

記録を見ると
7月9日にポットに種まき。
7月24日にハウスのネットのある場所に定植。

雨が多かったので、
定植時と、その後は1回水をやったか?
後は、届かない上に伸びようとしている蔓を
引っ張って下に落としてる、だけ。
去年、上へ上へ伸びていって
脚立でも届かなくて、
採れないささげが沢山出たから。

9月11日から宅配に入れるくらいは採れてる。
今の所、病気も虫も少ない。
雨が多かったけど、天候に恵まれたのかな?

こんな調子で全部の野菜が育つと全く嬉しい。
たまにはこう言うプレゼントがあっても良い❣️



中国放浪中の長男。
昨日、ラインが繋がり、生きているみたい。
楽しそうで、良かった。
若いって良いなー。

大根



主人が8月の終わりに種まきしていた大根が
約1週間で生え揃ってきました。
適度に雨が降り、適度に晴れてくれて
朝も適度に冷え込んでいる。
こんなお天気が続いてくれればありがたい。



最近のお天気では、どれくらい発芽するか、
わからないので、かなりな密度で種まき。
こうやって全部発芽すると間引かないと
首長になって、ちゃんとした大根にはならない。



昨日やっと取り掛かり、数列間引きました。
目安は、真っ直ぐに首が立つ事。
大根にしてはまだ狭いけれど
途中で、間引きながら大根葉にして出荷して
さらに間を空けて行きます。

気候によっては虫だらけになって
葉っぱは出荷できないこともあり。
わからなくても色々やってみるのみです。
大根葉は美味しくて大人気。



これは同じ畑で、この前ネットをかけた、
白菜とキャベツ。
うまくいくかなあ、、
風が強い日がないので助かっています。

さて、今日は地元の祭り。
主人も私も役なので一日、楽しみまーす。

今頃採れ始めました



知らない間にスイカがゴロゴロ。
暑い時期には2個しか出来てなくて
3本の苗を植えたのに、2個かあと思っていました。
あ、2個は野ネズミに食べられたんだった。

スイカも暑すぎると受粉しないのかも?
イヤ、少し涼しくなって蜂が飛ぶようになってので
それで受粉できたのかな。



最初のやつ、でかい、、
10キロありました。



中は空洞が出来ていたけど甘くて結構美味しい。
この月、火、水の宅配の方に送ります。



そして採れ始めたゴーヤ。



冬瓜も成ってる。



かぼちゃも出来てる。
あとはちゃんと熟すまで気温が持つか。



露地のズッキーニも育っていますが、
収穫できるかな〜

来年こそ‼️って毎年思ってるけど😆
来年こそ、暑い時期のスイカ、夏野菜。
冬瓜と、かぼちゃは保存するので
9月に収穫できるように、逆算します。

モロヘイヤ



秋晴れが3日続いています。
暑くても、爽やか。
空気が乾いてる。

主人は露地にマルチを張り、
キャベツと白菜の苗を植え替えて
ネットをかけています。

農業始めた初期の頃、雪でネットは押しつぶされて
グラスファイバーの棒がささくれて
片付けが大変だった、以後、
露地でネットをかけたことはなかった。

そして、こういうふうに乾き始めると
これから何日雨が降らないかわからないので
水やりもしました。



ハウスの中のモロヘイヤは順調に採れています。
蛾も酷くない。



茂って採れないというほどでもなく、
ちょうど宅配で採れていく程度。



初めて気づいた、モロヘイヤの根元。
オレンジ色に光って蛇の皮みたいです。
おどろおどろしい模様と、その美しさに感動。
農業を長くやっててもいつも驚く事があって
面白いなあ、と思います。

秋野菜の種まき



7月に入って種を蒔き、
下旬に定植した、あきしまささげは
植え替え時のみ、水をやり
その後は放置して、順調に育ってる。
来年からは直播きでよさそう。



ジャガイモのアンデスレッドは
休眠期間が短くて、早く芽が出るので
秋ジャガに出来るかと期待して。
ジャガイモは芽が出てないやつ植えても
休眠期間が終わらないと発芽しない。



あきしまささげを植える用に
春に準備していたマルチは
そのまま空いていたので、ジャガイモ用に。

4列の真ん中2列は白菜、キャベツ用に残して
両端の2列にジャガイモを植えました。
連日の雨で、特に両端は湿っているので
ジャガイモには良くないけど、
白菜、キャベツはなるべく草から離したい。

自然農で一番難しい(と、私は思ってる)
白菜、キャベツは虫だらけになり
ちゃんとしたものを作るのはとても難しい。
でもマルチ張った真ん中あたりだと
虫も少しは少なくて済む。

今年は主人が上手に苗を作っているので
ちゃんと出来るかも⁉️



おかひじきを片付けた後に
主人がサラダの種をまきました。
その後の水やりは通路に流して
地面をベタベタに、十分湿らすこと。

聞いたら、日差しの強いこの時期に
上からいくら水を撒いてもすぐに乾くし、
中まで濡れてない事が多い。
地面の下に水があると
毛細管現象で上に上がって来るので
しっかり発芽する。ナルホド、、

実際、ここは2.3日でちゃんと発芽しました。



7月20日に種まきしていた春菊は
発芽が揃ってなかったので
混んでいるところは広げて植え替えましたが
この水やり方法で、日が照っても
ちゃんと根付いたみたい。



きゅうりハウスに20日に種まきした時
種まきの時も水をやらずにいたけど
3日ほどで芽が出てた。
土は湿ってもなかったけど
雨が多いので地面の下は湿ってる。



これは露地で、空いたところに
ズッキーニの種を蒔いた。
これから気温は下がっていくので
実が採れるかは不明。
でも種まきしてないと絶対に実はならないから、
百姓としては、ただ種を蒔くのみです。

わかったことは、
雨が多くて地面の下の水分が多い時は
上から水やらなくて良い、って事ですね。
実際、家の前のハウスは
7.8月の2ヶ月間一度も水をやっていません。
それでも普通に収穫できたし、
むしろ野菜が腐らずに済んだのかも。
カラカラの夏はまた別ですので〜
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ