天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

ハウスの葉物



今週は冷え込んでいます。
朝が氷点下なのはいつもですが
日中、冷たい風が吹いて、気温が上がらない。
それでもたまに日が出るので
その一瞬は暖かい気分。
2月は山が美しい季節です💕



先週は暖かい日が多くて、時間もあったので
家の前のハウスのビニールをかけていたのを
全部取りました。

間引きも石取りも何もせずにビニールをかけ、
草もひどいです。

そして、一度剥いだら、もうかけない方が良い。
また寒くなって、迷ってしまい
ビニールをかけたり剥いだりしていたら、
手間がかかる上に、気温の上下は激しいので
ビニールがかかる事で返って高温になりすぎたりで
野菜が傷む事になります。

野菜の生命力を信じる事と、
ダメになっても仕方ない、って腹をくくる。
何度も失敗して、やっとそう思うようになった。



もう一つのハウスは草も少ないけど
野菜も少ない(≧∀≦)
こっちは間引きと草取りを終わらせました。



ビニールの下で、水分も多く育っているので
とても柔らかいサラダです。
周りの葉っぱは寒さで痛んでいますが
それを取り除くと良い感じ。

ビニールをかけてない、
今まで収穫していたハウスのサラダは
寒さで大きくなれないので
今、こっちが採れるのはありがたい。

寒さで育った方は葉が厚くて野生の味。
ビニールの下で育った方は柔らかくて優しい味。
どっちも美味しいな、って思います。笑

大寒の仕事ーその2



去年の大寒に仕込んだ黒豆味噌。
普通に美味しく出来ました‼️

味噌汁にも鍋にも、美味しい。
友人の話によると胡麻味噌和えも
とても美味しい‼️らしい。笑



2月の宅配に入れています。
黒い皮が残るので気になる人もいるのかな?
食感としては全然気になりません。

大豆は早々に売れてしまい残り少ないので
私は今年は、黒豆味噌のみを
仕込む事にしました。
昨年の黒豆味噌も美味しいのですが
塩を粗塩で作ったのがちょっと残念_| ̄|○
今年は良い塩を準備しました〜

黒豆味噌を作ってみたい方、
まだ少し27年の黒豆が残っています。
27年の黒豆はとても良くて大粒、
脱酸素保存をしていたので、状態も良いです。
農薬不使用、無肥料です。

1キロ2000円(税込2160円)
直接購入の方は、税をサービスしています❣️

黒豆おこわ



2月になったので、餅つきは一応終わり。
今日から、黒豆おこわを作っています。

勿論、うちのもち米と、うちの黒豆。
そして自然塩だけの簡単おこわ。
簡単大好き、私にぴったり❣️笑



自分ちの材料なので、
贅沢に黒豆を入れています。農家の特典‼️



早速、加子母の道の駅、有楽館に出して来ました。
1パック400gで2人分? 税込、540円です。
2月3月の週末は出す予定ですが、
出せない時もありますので
食べたい方は、有楽館に問い合わせて下さいね。
ここに問い合わせてもらっても良いです。✌️

もち米は玄米を使っているので
健康嗜好の方に大好評です。
2月の宅配にも入れますが
子供さんが小さい方には
精米したもち米で作って送ります。

漬物が美味しい



毎日宅配で、数種類の葉物を採るので
少しずつ余分や半端が出て、
冷蔵庫に溜まって行きます。
小かぶは実の一部が痛んでいるのもあり、
気がつくとたくさん溜まっていて、
ふと、塩漬けにしてみよう、と。

昔、買った漬物つける奴があるじゃないか⁉️
小かぶの皮をむいて、葉っぱはテキトーに切って
重さを測り、その2%の塩。
主人が一時塩に凝って、良い塩がたくさんある。
あとは酢と、濃縮酵素蜜を少し。
かき混ぜて、ぎゅっと押して、寒い廊下に放置。

一晩経って、また今日も余分な小かぶが出たので
追加する前に味見してみたら
なんとも美味しい=(^.^)=
早速、今日の宅配のお客さんに追加で入れました。

そして、冷蔵庫に残っていた
アスパラ菜、大根の葉、小かぶを
全部混ぜてつけてみました〜

最近、漬物と玄米ご飯だけで満足。
でも、それを続けていたら、
元々ない筋肉が無くなるので
肉や魚もつまんでいます。

肉食の方が良い‼️



外は寒いけど、玄関の中は日が良く当たるので
年末に寄せ植えした花も、欄も
花が💐咲き始めました。 色があるって嬉しい❤️
一時はアブラムシだらけだったけどどこへ行った?



ハウスの中の春菊とアスパラ菜、紅苔菜は
ほぼ獲り尽くしました。
途中から、アブラムシが増えて、
でもアブラムシを食べるアブラ蜂が
勝手についてくれたので、野菜の被害はなかった。



葉っぱの下の方に肌色についているのがアブラ蜂。
蜂と言っても、小さい蚊みたいな虫です。
アブラムシに卵を産み付けて
そこから羽のある蜂になり飛び立ちます。

アブラムシは葉っぱの養分を吸うので
大発生すると、葉っぱの成長がおかしくなって
枯れたり変な葉になったりして出荷できなくなる。

でもアブラ蜂は肉食なので、
野菜の成長には影響しないのです。
農家には肉食の虫や動物の方がありがたい。
菜食の虫や動物はキライです。



だだ、アブラ蜂も洗い流すのは大変な作業。
葉っぱの裏表を一枚ずつ見て洗い流します。
食べても害は無いけど見た目も大事。



今夜からまたお天気が荒れそうなので
今週の宅配分の人参を掘りました。
雪の中はパーシャル。土も凍っていません。




実はこの土日、主人と次男は受験へ行っていました
着くなり次男は「あー、家は良いなあ!」笑
この日のために、冬休みに色々やって、
蛹から蝶へ豹変した次男ですが
帰ってきてからのスッキリした顔が、
今日までの緊張を物語っていました。

無事に受けれた事が何より‼️
「ここまでやったら結果はどうでも悔いはない」
の言葉通り、後は天命を待つのみです。
今夜はミクとゆっくり寝てね。
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ