天までとどけ           ~自然農

山里で一喜一憂しながら毎日を送る、3児と猫2匹の母のつれづれ日記

農繁期に突入中

5月の半ばまで「寒いなあ」と感じていたのに
先週から突然夏に移行しました。
そして慌てる。(><)
気がつけば梅雨が間近。ヤバい。

この時期、主人は田んぼにかまけていて
他に何もできないので
宅配出しながら、草取りしながら、
私がハウスの片付けや準備、苗も作り
草刈機も使い始めました。
全く追いつきません。
うう、主人のような体力が欲しい。
でも農業は楽しい⁉️

夕方になると疲れて記事を書く気にならず
時間が経ってしまった。
毎日主人が湯治法で凝りを取ってくれるので
朝になるとまたやる気が出ます。

昨日は放置していたハウスの片付けを。



マルチで草を育ててた?



大きく育っています。
ここまでくると草も可愛い。
よく育ったなあ、っておかしくなります。
抜いてごめんよ。



一本の草。



これだけで一輪車いっぱい。(p_-)

去年はここにバターナッツルゴサという
原種のかぼちゃを植えたのですが
今年は去年露地に植えた普通のかぼちゃを。

数種類のかぼちゃを一緒に植えると交配して、
種を取っても次世代が違うものになってしまう。
苗が足りなかったら
交配できない、全く他のものを植えよう。



ハウスのサラダが綺麗で癒されてます
他にも野菜が増えてきました❣️

春のいろいろ



田植えの準備が始まり
主人は毎日田んぼで、トラクターをかけています。
お天気が良くても水の上は寒いようで
夕方には凍えて帰ってくる。



畑の野菜はこの時期、
葉物以外できないんだけれど、
自然の恵みが色々助けてくれます。



桜の木の根元にあるのは、
人んちのだけど、許可を取って
採らせてもらってるせり。
他の場所のクレソン。
まさしく自然の恵み。



ここは、離れたハウスの溝。
泥で埋まっています。



これを一度にやると
翌日は動けなくなるので😢
毎日少しずつさらうことにしています。
水が流れ始めると、とても気分が良いので、
それだけのためにやってる?笑



村(もう村ではないけれど)の花植えの苗が
中学校→班長から、届きました。
うちの班では、我家が専業農家なので
うちで苗をポットに植え替えて
6月の花植えまで、育てます。
昨年までは子供の仕事だったけど
今年は私がやりたくて。

昨日は風もなく暖かくて
そういう植え替え作業も楽しかった。

桜吹雪



昨日は時々風があり桜が🌸舞って
吹雪のようでした。

午後からは寒気が入ってきて突然の雷雨。
寒かった。



この前主人と花見した「乳子(ちご)の池」



池、一面の花びら。



この池の横に同じ班の人の竹林があって
毎年たけのこを勝手に掘らせてもらってる。



まだ寒くて1本だけでした。
5月の宅配には、茹でたものを送ります❣️

外仕事の始まり



桜がハラハラと舞う中で
露地の畑の石取り、草取りが始まりました。
去年はこの畑に振り回された一年でした。
農業カレンダーを確認すると
昨年より2週間ほど遅い。



ダイオウがかなり目立ってきました。



草や石を取ると
ジャガイモの芽が出てきているのがわかります。
他には大根と人参の芽が出てきてる。
大根はアブラナ科で
すでに虫に喰われているので育つかは不明。

虫に喰われるよりも早く育てば収穫できる。
気温と雨次第です。
これはやばい、と思ったら
去年の小松菜のように残さずに
さっさと抜きます。もう懲りた。



この作業、放置しても良いんだけれど、
それに一度やってもしばらくしたら
また草だらけになるんだけれど、
草がボーボーになってしまったら
石だらけの中を草刈機でやるしかなくなる。



一度手を入れると、なんだか畑が静まる。
その穏やかになる空気が好きで毎年やります。
この最初の一回をやると
「育ちが違うのではないか」と勝手に思ってます。
自己満足❣️



22日土曜日に、恒例の花見。
近くの中華屋さんで昼ごはんを調達して、
いつもの花見🌸スペースへ。
子供達がいなくなって、
主人とふたりだけの花見でした。

毎年、仕事の合間の昼ごはんを
家から数分のここで食べるだけなので
子供達がいなくなっても特には、って感じ。笑

「暖かくなったし花見日和❣️」
と思って行くんだけど
いざここに着くと、風が強くて、いつも寒くて
食事終わったら冷え切って、すぐにでも帰りたい。
毎年繰り返しています。(><)

日曜日は「いぶしん」と言って
田んぼが始まる前の、用水の草刈り、どぶさらい。
男達は一日作業に出ます。
夜は班で花見の宴会でした。
今年は桜が遅くて、ちょうど満開🌸



民宿からの景色。
月曜日にはティクナット・ハーンさんと言う
世界的に有名な瞑想家のお弟子さんの尼さん達が
ご縁があって民宿に泊まり
ビーガン料理に頭をひねっていました。^_^
そのフランスのコミュニティで栽培している
プルーンから作ったジャムや
著書をいただき、ありがたい限り。
ご縁は神の采配💝

桜満開を喜んでもらい、何よりのもてなし。



昔はここの道路に敷物を敷いて花見してました。
家の横なので、テーブルや座布団持って来て
食べた後は昼寝もしてた。(><)
道路の私物化です。田舎の良いところ。



川沿いの桜並木はずっと続いています。



反対側も続いてる。

毎年書いているけれど、
ここの桜が綺麗なのは手入れしているから。
主人は子供達と、毎年この時期に
天狗巣病にかかった枝を切り落とし
片付けてきました。川沿いなので大変です。
ホイルローダーを高く上げて
それに子供が乗って、乗り出して病気の枝を切る。
見てると怖いので、見ないようにしていました。
ずっと向こうの方は違う班の人たちがやってる。
だから病気が広がらずに綺麗な花を咲かせる。
今年からは出来ないかも、、。

自然の中に普段の生活があって幸せです。
プロフィール

丹羽 泰子(なかよし家族)

Author:丹羽 泰子(なかよし家族)
有機農業を始めて、もう15年。すっかり、農家のおばさんです。採れた野菜の加工品や、小麦を使ってパンやピザ生地など作りながら、全国の皆さんに、取れたての野菜と一緒に送っています。


農家民宿もやっています。
先日テレビで紹介されました。
私が話してます。(笑)
皆さん、泊まりに来て下さいね。

(右下の「全画面」ボタンをクリックすると、
 画面が大きくなります。)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ